Yahoo Japanは、労働者が飛行機でもどこからでも旅行できるようにします

ヤフー株式会社は、4月から8000人の労働者が飛行機を含む日本国内のどこからでも住み、旅行できるようになると述べた。

ポータルサイトの運営者は、午前11時までに事務所に到着するという要件と、往復の旅費の上限である6,500円(57ドル)を撤廃する、と同社は水曜日に述べた。 それでも、月々の旅行運賃の上限は15万円のままです。

2021年5月に撮影した写真は、Yahoo Japan Corp.のアプリアイコン(Cの上)が表示された画面を示しています。 (共同通信)

通勤の交通手段として、地元の電車やバス、新幹線に高速飛行機やバスが追加されます。

ヤフージャパンは2014年に「OfficeAnywhere」システムを導入し、オフィスの外で働くことを許可し、コロナウイルスのパンデミックの中での在宅勤務の必要性の高まりに対処するために、2020年に少なくとも月5日はオフィスで働くという規則を削除しました。

同社によれば、1月の時点でYahoo Japanの従業員の約90%がリモートで仕事をしており、仕事の質には影響がなく、場合によっては改善されるとのことです。

Yahoo Japanは、フリーマーケットアプリのオペレーターであるMercari Inc.をフォローしています。このスキームは、昨年9月に同様のスキームを開始し、従業員が全国のどこにでも住み、働くことができるようにしました。

日本企業は、多様な働き方の需要に応え、労働力不足に直面しても有能な人材を確保するために、柔軟な職場環境の提供に努めています。

ヤフージャパンの親会社であるZホールディングスの川邊健太郎社長は声明のなかで、「幸福を高め、創造性と想像力を働かせて、ユーザーに便利で革新的なサービスを提供することが重要だ」と述べた。 自由になりなさい。

その他の業界では、日本電信電話が昨年、巨大通信グループの32万人の従業員が原則として遠隔地で働くことを許可し、転勤を廃止することを検討していると述べた。

全日本空輸の親会社であるANAホールディングスは、パイロットを除く38,000人の正社員が、住む場所を選べるように、ANAグループ内でいつでも転職できるようにする計画だ。問題は木曜日に言った。


関連する報道:

来年パンデミックの中で通勤サービスを削減するJR東日本

スポットライト:日本政府は週4日の労働を支援していますが、専門家は分かれています

ヤフージャパンはFXユニットを業界リーダーのGMOに2億6500万ドルで売却する。


。Yahoo Japanは、労働者が飛行機でもどこからでも旅行できるようにします

Source#Yahoo #Japanは労働者が飛行機でもどこからでも旅行できるようにします

Leave a Comment