Yahoo Japanがリモートワークを拡大し、空の旅費を支払う

ヤフージャパンは、8,000人の従業員が全国どこからでも働くことを許可し、オフィスに行く必要があるときは飛行機で旅行することさえできます。

同社は水曜日の声明で、拡張されたリモートワークプログラムにより、ソフトバンクが支援するZホールディングスの子会社が「どこに住んでいても才能のある人を雇うことができる」と述べた。 このプログラムはまた、「従業員がさまざまな価値観に応じて働き方を選択できるようにすることで、多様性を促進する」と述べた。

現在、検索とニュースのウェブサイトの労働者は、電車、バス、または新幹線で午前11時までにオフィスに到着できる限り、どこにでも住むことが許可されています。 4月より到着期限が解除され、空への移動も可能になります。 東京を拠点とする同社は、引き続き月額15万円(1,305ドル)の給付金を支払い、片道1日あたり6,500円の制限を撤廃する。

1月1日現在、契約社員や臨時職員を含む約8,000人の従業員の約90%が在宅勤務をしています。 従業員の調査では、10人中9人の回答者が、リモートワークは生産性や改善に影響を与えないと述べ、通勤しないことで節約できる時間は現在、学習と個人的な充実に費やされていると述べています。

ヤフージャパンでは、在宅勤務手当を月額1,000円から最大1万円まで増額し、インターネットサービス等の費用を負担します。 ビジネスコンピュータとは別のタブレットデバイスをフルタイムの従業員に貸与することもできます。 職員同士の交流を促進するため、懇親会は1人月額5,000円まで助成されます。







Yahoo Japanがリモートワークを拡大し、空の旅費を支払う

Source#Yahoo #Japanがリモートワークを拡大し空の旅費を支払う

Leave a Comment