WBCマネージャーの栗山が日本に新しい外観をもたらします

サムライジャパンのマネージャーである栗山英樹は、日本での試合に大きな影響を与える正統性を超えようとする彼の確立された意欲により、代表チームのリーダーの変遷を示しています。

栗山は来年の3月のワールドベースボールクラシックで管理するために雇われ、2006年と2009年に最初の2つのWBCを獲得して以来、日本を最初のタイトルに導くことを願っています。

侍ジャパンマネージャーの栗山英樹は、2022年5月14日、東京近郊の川崎で記者団に語りかけます。 (共同通信)

彼の任命は、2006年から2013年まで経験豊富なマネージャーに頼るという代表チームの最初のトレンドと、経験がほとんどまたはまったくないマネージャーからの新しいアイデアを求める2番目のトレンドとの融合を表しています。

パシフィックリーグの日本ハムファイターズの指揮をとった10年後、2度のリーグタイトルと1度の日本選手権で優勝した栗山は、大会にとらわれない人物としての実績を築き上げました。

大谷翔平の変化に抵抗する日本の野球界での双方向プレーヤーとしての発展を監督することで最も有名ですが、クリヤマは、ファイターズの2016年日本選手権後の痩せた年に革新への扉を開きました。

ファイターズは、MLBで遍在するようになった種類の積極的な防御シフトを採用した近年の最初の日本のクラブでした。

栗山のファイターズはまた、先発投手で実験を行い、アーセナルが限られている人がゲームであまりにも多くの打者に直面して露出オーバーにならないようにしました。

スキッパーは、最初のイニングで定期的に「オープナー」を採用した最初の日本人マネージャーであり、反対のラインナップのトップに立ち、バリエーションである「ショートスターター」を追加しました。

先発投手が効果がなくなるか、試合に相当するピッチを投げるまで先発投手をマウンドにとどまらせる代わりに、栗山は先発投手をグループに分けた。

一部のスターターは、反対のラインナップを2回通過することを許可されましたが、他のスターター、彼の短いスターターは、1回のスタートで最大9人の打者にしか直面しませんでした。

3月、栗山は東京で開催された野球分析シンポジウムと大会に参加した。 学生のチームは、究極のフォークボールを特定する方法から、日本のストライクゾーンがMLBのストライクゾーンとどのように異なるかを確立する方法まで、プレゼンテーションでスキッパーに感銘を与えました。

その後、栗山は、WBCのフィールドで彼のプレーヤーをサポートする分析チームが最も重要であると提案しました。

「チームの勝利を手伝ってくれる人を最後まで探し続けることを強いられなければならない」と栗山氏は語った。 「まだ学校に通っている人の中から天才の誰かが現れるかもしれません。」

5月、栗山は日本体育大学の双方向スター、矢沢幸太を詳しく見て、3月の代表チームに彼を望んでいたと語った。

残念ながら、台湾の代表チームは計画されたシリーズから撤退し、スラッギングピッチャーが栗山の日本に似合うチャンスを否定し、スキッパーは彼を大谷と比較しました。

「彼は野球に夢中になっている幼い子供で、私たちを興奮させるために何かをしている」と栗山氏は語った。 「彼が出場する選手を本当に楽しみにしています。」

若者は、日本がプレーしたい11月の国際親善試合でまだ代表チームに所属していることに気付くかもしれません。

そして、矢沢が単一のプロゲームでピッチングまたはヒットする前にWBCでプレーする可能性は低いですが、栗山が担当しているので、驚きを排除することはできません。

2022年3月21日に東京で開催された野球分析大会の参加者と一緒に、サムライジャパンのマネージャーである栗山英樹(Lから4番目)が写真を撮ります。 (共同通信)

。WBCマネージャーの栗山が日本に新しい外観をもたらします
Source#WBCマネージャーの栗山が日本に新しい外観をもたらします

Leave a Comment