Mizuhoは、システムの不具合の後、ビジネスのアップグレード注文で平手打ちされました

日本の金融当局は金曜日、みずほ銀行とその親会社であるみずほフィナンシャルグループに、主要な金融機関が経営幹部に交代することになった懲罰的措置において、業務の改善と一連のシステム障害に対する経営責任の明確化を命じた。

金融庁は1月17日までに緊急予防措置の実施と追加措置の提出を命じ、財務省はシステム問題後の外国為替法違反に対する是正措置をとるよう銀行に命じた。法律は1998年に見直されました。

行政命令で、「日本の決済システムの信頼性を損なう」2月から9月までの合計8回のシステム障害に対して、「銀行の経営陣と会社は大きな責任を負っている」と述べた。

当局は、両方のエンティティがシステム障害のリスクを適切に評価していなかったと述べました。 財務ウォッチドッグはまた、システム障害が繰り返し発生したのは閉鎖された組織によるものであり、緊急事態で話すことが困難であり、そのような問題がクライアントに与える可能性のある影響を評価する緊急性が欠如しているためです。

みずほフィナンシャルグループ株式会社の坂井辰文会長(左)とみずほ銀行の藤原弘治会長が2021年11月26日に東京で行われた記者会見に登場。(京堂)


関連する報道:

みずほ銀行グループの幹部3名が来春、システム障害により辞任

みずほフィナンシャル、みずほ銀行が破綻を辞任

みずほ銀行は今年8回目のシステム障害に見舞われ、送金が遅れる


同省は、銀行の幹部は、海外からの送金の受取人が経済制裁の対象とならないようにすることを銀行に要求する外国為替および貿易法の知識を欠いていると述べた。

鈴木俊一財務相も金融サービス担当大臣であり、記者会見で、財務グループは「自己修正する必要がある」と語った。

同日、みずほフィナンシャルは、坂井辰文社長と藤原弘治銀行社長がシステム問題の責任を負うため、4月1日に辞任すると発表した。 2011年から2018年にかけて金融グループを率いて現在使用されている中央システムの導入を主導した佐藤康弘社長も同日辞任する。

「私たちはそれを非常に真剣に受け止めており、社会インフラの一部である金融機関としての役割を果たせなかったことを後悔しており、国の決済システムへの信頼を傷つけています」と彼は付け加えました。

酒井氏は、懲罰的措置が発表された後の記者会見で語った。

「責任は経営トップにある」と述べ、「辞任してバトンを次の世代に引き継ぐべきだと確信している。水穂にとっては最高だ」と語った。

みずほフィナンシャルによると、堺の後継者が後任に選出され、みずほ銀行副会長の加藤正彦が藤原に代わって会長に就任する。

金融グループは、他の7人の最高幹部が2〜6か月間月給を10〜20パーセント削減すると述べた。

2月28日、銀行のATMの約80%がシステム障害のため一時的に停止され、5,000枚を超える銀行カードと銀行の帳簿がマシン内に残っていました。

命令は、11月19日に代理店がシステムの慢性的な故障の調査を完了した後に出されました。

代理店は水穂の監視を強化しており、8回目の失敗の前に発行されたビジネス改善命令で、システムの監視を効果的に実施するまれな動きで、システム保守の作業計画を提出するように要求しています。大手銀行から。

みずほ銀行は、6月に4回のシステム障害を経て予防策を講じましたが、それ以来、同様の問題に4回も打撃を受けています。

。Mizuhoは、システムの不具合の後、ビジネスのアップグレード注文で平手打ちされました

Source#Mizuhoはシステムの不具合の後ビジネスのアップグレード注文で平手打ちされました

Leave a Comment