JR東日本、通勤者が家にいるために4,000人の列車の仕事を削減

東日本旅客鉄道は、業界初のパンデミック後の大規模な人員削減計画で、通勤交通量の低迷に対応するために、今後数年間で鉄道労働力を約 10% 縮小します。

国内最大のJR東日本の鉄道事業は、現在、グループの71,000人の従業員のうち約34,000人を雇用しています。 東京の山手線の運営者は、このシェアを 30,000 未満に削減することを目指している、と深澤裕二社長は日経に語った。

鉄道旅行の需要は、コロナウイルスの低迷からまだ回復していません。 JR東日本の運輸部門の前四半期の収益は、2019年の同時期の水準の約70%に過ぎませんでした。

「地方から大都市圏への交通量は明らかに少ない」と深澤氏は語った。 「通勤や出張の需要は、おそらくコロナウイルス以前の水準には戻らないでしょう。」

出張の見通しの弱さは、日本航空でも同様のシフトに拍車をかけた。日本航空は、約 3,000 人の人員を中核の航空事業から、格安航空会社やマイレージ サービスなどの他の分野に再配置することを計画している。

JR東日本は、早期退職を提案するのではなく、自然減と不動産や小売業などのより明るい見通しを持つグループの他の分野への再配置を組み合わせることにより、部門をスリム化することを計画している. 新規採用も縮小する。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

JR東日本、通勤者が家にいるために4,000人の列車の仕事を削減
Source#JR東日本通勤者が家にいるために4000人の列車の仕事を削減

Leave a Comment