IMFは人民元のウェイトをトップ通貨のバスケットで引き上げる

国際通貨基金(IMF)は、準備通貨のエリートバスケットにおける人民元のウェイトを10.92%から12.28%に引き上げた、と国の中央銀行は日曜日に述べた。

2016年に人民元がバスケットに含まれて以来、IMFの特別引出権(SDR)の評価に関する最初の定期的なレビューで、ワシントンを拠点とする組織は、人民元としても知られる中国通貨の地位を上げることを決定しました。 。

2019年8月に撮影されたファイル写真は、中国の100元と米国の100ドル紙幣を示しています。 (共同通信)

中国人民銀行は声明のなかで、更新されたバスケットウェイトは8月1日に発効し、次のSDRレビューは2027年7月末までに完了する予定であると付け加えました。

金融専門家は、IMFが共産党主導の中国政府に人民元の取引制限を撤廃するためにもっと一生懸命働くよう圧力をかけようとしているのかもしれないと述べた。

IMFによれば、米ドルのウェイトも43.38パーセントに引き上げられたが、ユーロ、円、ポンドのウェイトはそれぞれ29.31パーセント、7.59パーセント、7.44パーセントに引き下げられた。

日曜日の時点で、ドル、ユーロ、円、ポンドの重みは、それぞれ41.73パーセント、30.93パーセント、8.33パーセント、8.09パーセントでした。

IMFは、「潜在的な経済的および財政的断片化と高インフレを含む、フィンテックおよびその他の開発からのSDR評価フレームワークへの影響の継続的な監視」を実施すると述べた。

中国は、国境を越えたインフラ「一帯一路」構想に属する経済グループで「デジタル元」の使用を促進することにより、自国通貨の世界的地位を高めようとしています。

しかし、人民元の為替レートはドルとは異なり、必ずしも市場によって決定されるわけではないことを考えると、中国が世界最大の経済国として米国に取って代わったとしても、人民元が主要通貨になることに多くの専門家は懐疑的です。

共産党が人民元の価値を管理している限り、その兌換性と信頼性についての質問の中で、通貨は世界的な支払い手段として機能しないだろうと彼らは言います。

。IMFは人民元のウェイトをトップ通貨のバスケットで引き上げる
Source#IMFは人民元のウェイトをトップ通貨のバスケットで引き上げる

Leave a Comment