IAEAは、福島原子力発電所から処理水を放出する日本の計画について4月に報告する

国際原子力機関は、福島原子力発電所からの処理水を放出する日本の計画を検討していることから、「大きな進歩」を遂げたと述べた。

当局は、早ければ2023年3月に開始される予定の水の放出を承認しましたが、近隣諸国は懸念を表明しています。 IAEAは、東京電力(TEPCO)の計画が安全かどうかをまだ決定していません。 3つの異なる研究所で収集された水サンプルを分析し、日本で収集されたデータと比較し、4月末にレポートを発表すると発表しました。







IAEAは、福島原子力発電所から処理水を放出する日本の計画について4月に報告する
Source#IAEAは福島原子力発電所から処理水を放出する日本の計画について4月に報告する

Leave a Comment