Google、日本でサードパーティのアプリ決済を受け入れる

グーグルは、日本やインドなどのほとんどの主要国でスマートフォンアプリでのサードパーティ決済サービスの使用を受け入れる予定ですが、米国では受け入れられません。競争を促進するための外部へのシステム。

アプリ開発者は、Google Play でアプリを配布するときに Google の支払いシステムしか使用できませんでした。 支払い方法をサードパーティに開放したいという需要の高まりに応えて、Google は開発者がクレジット カードやその他の支払い方法を選択できるようにする「パイロット プログラム」を導入します。

オーストラリアやインドネシアなどの主要市場もプログラムに含まれており、アプリ開発者は木曜日からプログラムへの参加を申し込むことができます。

プログラムは当初、ゲームではないアプリケーションを提供するアプリ開発者に限定されますが、Googleは特定の条件が満たされている場合に参加を許可する予定です.

テクノロジーの巨人は、以前はほとんどの開発者から売上の 15% を手数料として徴収していましたが、外部の支払いシステムを使用した場合でも、これを 11% に引き下げます。 30% の手数料を支払っていた開発者は、26% に減額されます。

Google は 2008 年に独自のアプリ ストア Google Play の提供を開始し、アプリ開発者は独自の支払いシステムを使用する必要がありました。 しかし、アプリ市場が拡大するにつれ、一部の開発者は料金が高すぎると抗議しました。 さまざまな地域の当局がそれに続き、支払いシステムを外部の関係者に開放するよう圧力をかけました。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

Google、日本でサードパーティのアプリ決済を受け入れる
Source#Google日本でサードパーティのアプリ決済を受け入れる

Leave a Comment