G7閣僚は、ロシアにウクライナの緊張を和らげるよう促すことに同意する

林芳正外相は、ロシアの林芳正外相は、ロシアの主要先進国7カ国の外相が、ロシアの隣国侵略への懸念が高まる中、ウクライナの軍事的緊張を和らげるようロシアに要請することに合意したと述べた。

ミュンヘンでの会談中に、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、および欧州連合の大臣は、モスクワがワシントンおよび北大西洋条約機構との対話の呼びかけに対応することを要求することも誓った。林氏は会談後、記者団に対し、ウクライナに侵攻すると莫大な費用がかかるとの見方を共有しながら語った。

「この問題は、現状を無理やり変えることは許されないという原則に関するものだ」と林氏は語った。

G7外相は、2022年2月19日にドイツのミュンヘンで緊急会議を開催します。(写真提供:日本の外務省)(京堂)

彼らの議論に続いて、外交政策責任者は共同声明を発表することが期待されています。

国際社会がウクライナの国境の状況を心配そうに監視しているため、会議はミュンヘン安全保障会議の周辺で開催されました。ウクライナの国境では、ロシアが19万人もの軍隊を集めていると見られています。

金曜日に、米国のジョー・バイデン大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、首都キエフを含む標的で、数日以内にウクライナを侵略することを決定したことを「確信している」と述べた。

ロシアは、米国とその同盟国がウクライナのNATOへの加盟を妨げる安全保障に対するモスクワの要求を拒否し続けるならば、「軍事的技術的措置」をとることができると警告した。

ロシアは、旧ソビエト共和国であるウクライナを侵略する意図を否定する一方で、NATOの東方拡大によってその安全が脅かされていると主張している。

G7諸国はすでに危機に強い立場をとっており、財務相は今週初めの声明で、ロシアがウクライナに侵入した場合、「大規模かつ即時の結果」をもたらす経済制裁が課されると警告している。

トップ外交官の会合は、来週の木曜日に予定されているG7首脳の仮想サミットの基礎を築くでしょう。

彼らは最後に12月に英国のリバプール市で会い、ウクライナの主権と領土保全に対する「揺るぎないコミットメント」を再確認しました。

日本の外務省によると、林は土曜日の年次安全保障会議に出席する前に、他の外相と二国間会合を開いた。

。G7閣僚は、ロシアにウクライナの緊張を和らげるよう促すことに同意する
Source#G7閣僚はロシアにウクライナの緊張を和らげるよう促すことに同意する

Leave a Comment