G7閣僚は、エネルギー価格の高騰について深刻な懸念を表明している

グループ・オブ・セブンの先進国の閣僚は、世界のエネルギー安全保障を脅かしている侵略であるウクライナでのロシアの戦争の結果としての食料とエネルギー価格の高騰について、金曜日に深刻な懸念を表明した。

ベルリンでの気候、エネルギー、環境問題に関する2日間の閣僚会議後に発行されたコミュニケによると、G-7は、化石燃料からクリーンエネルギーへの移行を促進する気候政策メカニズムを損なうことなく、エネルギー価格の高騰に対処するための協力を確認した。

放送画像から撮影した写真は、2022年5月27日にベルリンで開催された記者会見での気候、エネルギー、環境問題に関する7つの閣僚会議の参加者を示しています。 (共同通信)

閣僚は、ロシアの「ウクライナに対する不当で、挑発的で、違法な侵略戦争」の影響に言及し、「最近の出来事は、G7諸国およびそれ以降のエネルギー供給の安全性にも重大なリスクをもたらした」と述べた。

英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国の大臣と欧州連合は、欧州連合におけるロシアからの天然ガスへの依存を減らすことが特に緊急であることに同意した。

彼らは、液化天然ガスがヨーロッパ市場や他の場所へのパイプラインガスの潜在的な供給の混乱を緩和するために果たすことができる重要な役割を強調した。

EUの行政機関である欧州委員会によると、2021年には、ロシアの輸出が欧州連合で消費されるガスの40%以上を占めていました。

日本の萩生田産業相は金曜日、東京の記者団に対し、ロシアの天然ガスへの依存を減らすために、ロシア国外のLNGプロジェクトに投資するなどしてエネルギー供給業者の多様化を図ろうとしていると語った。

萩生田経済産業大臣、山口毅環境相は、国内での議会会談のため出席しなかった。

日本貿易振興機構のデータによると、日本は昨年、液化天然ガスの総輸入量の8.8%をロシアから輸入した。

「非効率な石炭火力発電を2030年に向けて着実にフェードアウトし、水素、アンモニア、炭素の回収と貯蔵を利用して、2050年に向けて脱炭素火力発電に置き換える」と萩田氏は述べた。

大岡敏孝環境大臣と細田健一副産業大臣が、萩生田と山口の代わりに日本を代表して会合を開いた。

G-7は、2021年に「衰えない」国際的な一般炭発電に対する新しい直接政府援助を終了しました。衰えることは、プラントが炭素回収や貯留などの減る技術に投資していないことを意味します。

ベルリンでは、G-7大臣は、2022年末までに衰えることのない海外の化石燃料施設への新たな公的援助を停止することに合意しました。つまり、気候変動と戦うための取り組みの範囲は、石炭発電から石油を含む化石燃料セクター全体に拡大しています。と天然ガス。

今年のG7総裁であるドイツは、閣僚が2030年までに石炭発電を段階的に廃止するという目標を規定することを提案した。しかし、日本は会議で特定の時間枠を約束することに反対し、コミュニケにそのような目標がなかった。 。

ベルリン会議の代表団によると、欧州のG7加盟国とカナダはドイツの提案を支持し、米国は「2030年代」の目標を目指すことを約束した。

コミュニケは、G7は、排出量を削減するための適切な措置なしに、国内の石炭発電施設の最終的な段階的廃止という目標を達成するために「具体的かつタイムリーな措置」を講じると述べた。

G7はまた、2035年までに電力セクターを大幅に脱炭素化するというコミットメントを確認しました。


関連する報道:

G7閣僚は、石炭火力発電をいつ終了するかに焦点を当ててベルリンで会合する

G-7は198億ドルを動員します。 ウクライナのために、さらなる援助の準備ができていると言います

G7閣僚の声明草案には、2030年までの石炭火力発電の段階的廃止が含まれています


。G7閣僚は、エネルギー価格の高騰について深刻な懸念を表明している
Source#G7閣僚はエネルギー価格の高騰について深刻な懸念を表明している

Leave a Comment