COVID-19を防ぐための努力は再び日本のインフルエンザに終止符を打つ

日本は、COVID-19の蔓延を防ぐための広範な努力を明らかに反映して、今年もインフルエンザ感染の症例をほとんど報告していません。

それでも、専門家は、他の感染症を含む症例が増加していることを指摘し、継続的な監視を求めています。

日本のインフルエンザシーズンは通常11月と12月頃に始まり、1月と2月にピークに達します。

保健省によると、2020年9月から今年2月までのインフルエンザ患者の推定数は約14,000人で、通常の1,000万〜2,000万人を大きく下回っています。

2020-2021の数字は、COVID-19パンデミックが始まる直前の2019-2020年の冬の約7,285,000人の患者と比較されます。

全国約5000の医療機関からインフルエンザの報告を受けている同省によると、今年の9月6日から12月5日までのインフルエンザの報告件数は189件で、前年の263件よりもさらに少ない。







COVID-19を防ぐための努力は再び日本のインフルエンザに終止符を打つ

Source#COVID19を防ぐための努力は再び日本のインフルエンザに終止符を打つ

Leave a Comment