COVID患者は、地方自治体からの物資の入手が遅れています。

日本の一部の市町村では、コロナウイルスに感染した後、自宅で回復している人々への食料やその他の物資の配達が遅れていると報告しています。

保健省によると、2月9日現在、自宅で543,000人以上が回復しており、前週から10万人以上増加している。

都道府県は、自宅のCOVID-19患者からの要請に応じて、食料と水を提供しています。 しかし、東京、埼玉、大阪など一部の都道府県では、患者数の急増により納期が遅れているとのこと。

東京では、通常、物資は要求を受けた翌日までに発送されると当局者は述べた。

しかし、彼らは、1日に9,700ものリクエストを受け取っており、そのような日には、物資が家に届くまでに2、3日以上かかる可能性があると述べました。

埼玉県の関係者によると、配達は依頼を受けてから1週間もかかるという。 大阪当局は、感染者の登録が遅れているため、配達に時間がかかっていると述べた。

多くの市町村は、遅延の理由として、輸送会社に十分な食料供給と過剰な作業負荷を確保することの難しさを挙げました。







COVID患者は、地方自治体からの物資の入手が遅れています。
Source#COVID患者は地方自治体からの物資の入手が遅れています

Leave a Comment