COVIDの懸念が減少するにつれて、年末の日本の列車予約は81%増加します

日本の鉄道事業者は火曜日に、年末年始と年末年始の急行列車と新幹線の予約が前年比で81%急増し、コロナウイルスのパンデミックに対する国民の懸念を和らげたと語った。

JRグループの旅客鉄道会社6社によると、12月28日から1月5日までの期間で合計232万席が予約された。

2020年12月30日にJR東京駅に新幹線が到着するのをフェイスマスクをつけた人々が待っています。コロナウイルス感染は年末と新年の休暇シーズンを通して首都で蔓延し続けています。 (共同通信)==共同通信

この数字は、2019年から2020年のパンデミック前のレベルから40%の低下を示していますが、9月に東京やその他の主要都市で非常事態が解除された後、経済的および社会的活動が回復していることを示しています。

オミクロン変異体の出現にもかかわらず、全国の毎日の感染もここ数週間で200未満にとどまっています。

しかし、主要な鉄道事業者によると、1996年度に比較可能なデータが利用可能になって以来、1日あたりの平均258,000席の予約は6番目に低い。

旅行のピークは12月30日と1月3日に到着する予定です。

オペレーターは、2019-2020シーズンより2%少ない809万シートを予約できるようにしました。

日本の主要都市である東京、名古屋、大阪、福岡を走る東海道新幹線と山陽新幹線の列車予約は、昨年の同時期に比べて倍増しました。

東日本旅客鉄道をはじめとする事業者は、年末までに土壇場での予約が殺到すると予想しているため、乗客に事前の計画を立てるよう求めている。


関連する報道:

日本は37,000人のCOVID患者を受け入れるために医療システムを後押しします

焦点:日本はオミクロンの懸念の中で慎重に年末年始シーズンに入る

焦点:Japan Inc.は、サービスが遅れているため、パンデミックからの不均一な回復を経験し続けています


。COVIDの懸念が減少するにつれて、年末の日本の列車予約は81%増加します

Source#COVIDの懸念が減少するにつれて年末の日本の列車予約は81増加します

Leave a Comment