COVIDが後退する恐れがあるため、日本は1日あたりの到着上限を20,000に拡大

日本は、パンデミックへの懸念が後退する中、COVID-19の国境管理を緩和し続けているため、水曜日からの毎日の到着数の上限を2倍の20,000に増やしました。

また、米国、英国、中国、韓国など、感染のリスクが最も低い98の国と地域から来た人々は、入国時に隔離とCOVID-19検査から免除されました。 これは、参加者の約80パーセントが免除されることを意味します。

この動きは、日本が厳格な国境管理のために国内外で窮地に立たされた後、他の7つの主要先進国のグループと一致する外国人訪問者の円滑な参入を実現しようとしているために起こりました。

日本政府主催のテストインバウンドツアーに参加する米国人は、2022年5月24日に東京近郊の千葉県成田空港に到着します。ハワイから6人、ロサンゼルスから1人が参加したテストツアー、最初のこの種のは、2020年12月の一時的なCOVID-19国境制限により、日本行きの旅行者の数が大幅に減少した後、6月から日本の観光客への段階的な再開のために実施されました。(京堂)==京堂

昨年11月、国は世界的に外国人によるすべての新規入国を禁止し、その後、国内での予防接種が進み、他の国が海外旅行を再開するにつれて、制限を徐々に緩和してきました。

今回の緩和に加えて、日本も6月10日から段階的に外国人観光客の受け入れを開始する予定です。

この計画では、観光客の到着は当初、98の国と地域からのガイド付きツアーに制限されます。 今後のガイド付きツアーの参加者は、20,000人の上限に含まれます。

しかし、今年の夏に予定されている参議院選挙に先立ち、政府内で感染症の再発の可能性について懸念が残っているため、国が個々の観光客に国境を再開するのにしばらく時間がかかる可能性があります。

観光旅行の再開に先立ち、日本は5月24日から米国、オーストラリア、シンガポール、タイからのインバウンド旅行者を対象にテストツアーを実施しているが、政府は火曜日に参加した4人のタイ人のうち1人がコロナウイルス陽性であると述べた。彼らのツアーの中断。 感染経路は不明です。

先週、岸田文雄首相は、観光客が国を訪問するとき、フェイスマスクを着用し、COVID-19に対する他の予防措置に従うよう求められると議会に語った。

政府は最近、外でフェイスマスクを着用する必要は必ずしもないと述べており、今後数か月の高温多湿と熱射病のリスクの高まりを考慮して、他の人から2メートル以上離れている場合はマスクを外すことを推奨しています。

政府は、パンデミックが発生する前の日本経済の主要な推進力であるインバウンド観光の再開前に、ホテルやその他の産業に対するウイルス対策に関するガイドラインを作成することを計画しています。

。COVIDが後退する恐れがあるため、日本は1日あたりの到着上限を20,000に拡大
Source#COVIDが後退する恐れがあるため日本は1日あたりの到着上限を20000に拡大

Leave a Comment