ASEAN市民は中国を将来の最重要パートナーと見なしている:日本の世論調査

水曜日に発表された日本政府の世論調査の結果によると、東南アジアで調査された人々のほぼ半数が、中国をこの地域の将来の最も重要なパートナーとして選び、初めて日本を上回った。

調査によると、東南アジア諸国連合の10人の回答者の48%が中国を選択し、2019年度の前回の調査と変わらない。中国に続いて、日本が43%、8%ポイント、米国が41%減少した。 、4ポイントアップ。

2021年11月22日、中国と東南アジア諸国連合の特別オンラインサミットが開催されます。(VNA /共同通信)

外務省が2015年度に現在の形式で調査を開始して以来、北京が1位にランクされたのは初めてのことです。

外務省当局者によると、この結果は、発展途上国にCOVID-19ワクチン接種を提供する「ワクチン外交」を通じて、中国がASEANとの関係を深め、その影響力を強めていることを反映している可能性がある。

現在重要なパートナーであると彼らが信じている国について尋ねたところ、回答者の56%が中国を選び、3ポイント下がったが、リストのトップにとどまっている。

50%が日本を選び、7ポイント下がった。

外務省の委託により、香港に本拠を置くマーケティングリサーチ会社Ipsosは、1月にオンラインで直接調査を実施し、18歳から59歳までの紛争に見舞われたミャンマーを除くすべてのASEAN加盟国の2,700人の回答者を対象とした。

。ASEAN市民は中国を将来の最重要パートナーと見なしている:日本の世論調査
Source#ASEAN市民は中国を将来の最重要パートナーと見なしている日本の世論調査

Leave a Comment