APEC貿易会議は共同声明なしで終了し、ロシアで離れたまま

ロシアのウクライナ侵攻との違いにより、アジア太平洋地域の貿易相会議は日曜日に共同声明を発表せずに終了した。

日本の萩生田貿易相は、COVID-19後の世界で経済成長を促進する方法に焦点を当てたバンコクでの2日間のアジア太平洋経済協力フォーラム会議の結果を議長の声明に反映すべきであると述べた。

議論の議長を務めたタイ商務大臣のジュリン・ラクサナウィシット氏は記者会見で、貿易障壁を下げる必要性に同意し、2040年までにAPEC全体の自由貿易協定を実現するというコミットメントを再確認した。ウクライナでの戦争。

萩生田浩一経済貿易産業相は、2022年5月22日にアジア太平洋経済協力フォーラムを形成した21カ国の貿易大臣が会談した後、バンコクでの記者会見で講演しました。

日米両国は共同声明にロシアの侵略を非難する表現を盛り込もうとしていたが、ロシアを含む他の国々は反対した。

会談で国際法違反として侵略を非難した萩生田首相は、「加盟国間でロシアをめぐる文言を調整する際には大きな違いがあった」と述べた。

侵略がほぼ3か月続くことに抗議して、ロシアの経済開発大臣であるMaksim Reshetnikovが会議中に発言したとき、日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国の5つの経済圏のトップ代表が出て行った。 。

萩生田氏によると、これら5人以外の一部のメンバーも、戦争がエネルギー価格の高騰につながったとロシアを間接的に批判した。

世界の3大経済国である米国、中国、日本を含む21か国の大臣も、食料安全保障とサプライチェーンを強化する方法について話し合ったと当局者は述べた。

会談の傍ら、萩生田氏は、米国主導のインド太平洋経済の枠組みなどについて、インドネシア、シンガポール、タイなどのカウンターパートと会談した。

IPEFと呼ばれるフレームワークの立ち上げは、月曜日に東京のジョー・バイデン米大統領によって正式に発表される予定です。

萩生田氏は、IPEFの開始により、インド太平洋地域での米国の関与が強化されると述べ、日本は、米国が環太平洋パートナーシップ協定に復帰することを依然として望んでいると付け加えた。

アジア太平洋地域の自由貿易および経済連携協定の中で、世界最大の貿易圏である地域包括的経済連携もTPPも米国を含みませんが、中国の影響力は世界的に拡大しています。


関連する報道:

日本、米国、他の3人がロシアに抗議してAPEC貿易会議に参加


APEC 2022のロゴは、バンコクのショッピングモールに表示されています。 (SOPAイメージズ/ライトロケット/ゲッティ/共同通信)

。APEC貿易会議は共同声明なしで終了し、ロシアで離れたまま
Source#APEC貿易会議は共同声明なしで終了しロシアで離れたまま

Leave a Comment