ANA、JALに回復の兆し

日本の大手航空会社 2 社は 4 月から 6 月にかけて業績が改善し、そのうちの 1 社はコロナウイルスのパンデミックが始まって以来初めて黒字に戻ったと報告しています。

ANAホールディングスは、10億円または約750万ドルのグループ純利益を記録しました。 これは、2019 年の第 3 四半期以来、同社にとって初めての四半期純利益です。

航空会社によると、この期間の売上高は 3,500 億円、約 26 億ドルで、円換算で前年同期比 76% 増加しました。

ドル高はドル建て資産の価値を押し上げ、純利益に貢献した。

一方、日本航空によると、団体売上高は円ベースで前年の約 2 倍になり、乗客が帰国したことで 2,688 億円または約 20 億ドルに達したという。

同社は依然として 195 億円またはほぼ 1 億 5000 万ドルの純損失を記録しました。 しかし、これはパンデミックが始まって以来、最小の不足です。


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ANA、JALに回復の兆し
Source#ANAJALに回復の兆し

Leave a Comment