7 月のチャンピオン、一之丞が新しいランキングでエリートに復帰

初優勝の一之丞は月曜日、9月からの秋の大相撲に先立って発表された日本相撲協会のランキングでコムスビへの再昇格を獲得することで、7月の勝利に報いられました。 11日、東京・両国国技館。

1.92 メートル 211 キログラムのモンゴル人は、名古屋で 2 号前頭として取り組んだ元関脇で、昨年 11 月以来初めて横綱の下の 3 つの「三役」ランクに戻るため、2 つ順位を上げます。

23年間相撲が見られなかった整列で、JSAは、スポーツの3番目に高いランクである関脇に3人の力士と、1段下のコムスビに3人の力士を配置することを選択しました.

2022 年 7 月 24 日、中部日本のドルフィンズ アリーナで開催された 15 日間の名古屋大相撲大会で優勝し、天皇杯を授与された一之丞。 (プール写真) (共同) == 共同


関連記事:

大相撲:照ノ富士に敗れ、一之条が天皇杯初優勝


5月以来8回目のグランドトーナメント制覇を狙う照ノ富士は、唯一の横綱として首位に立つ。

大関トリオを率いる貴景勝は、7 月に 11 勝を挙げた後もランキングの最も権威ある東側の 1 位にとどまっています。 名古屋で 10 対 5 で敗れた初代は、西のトップスポットにいます。

三代目の御嶽海は、名古屋大会で力士の大移動に加わり、厩舎内で次の感染症を引き起こした. 彼は西の小代の下に座っています。

元モンゴル横綱朝青龍の甥である星龍は、コムスビから東関脇のトップであり続ける若田蔭の向かいの西関脇スポットに移動します。 大栄昌は東側で彼の下に移動します。

阿部は西側からコムスビトリオを率いるように移動し、一之丞が西側のトップスロットに、蒙古桐葉山が西側の彼の下に1番前頭から移動した後.

ランキングの反対側では、7月に2部十両部門で4位レスラーとして9勝6敗となった後、モンゴルの御刀竜が16番前頭としてエリート幕内部門にデビューする。

16 位の新人として彼に加わるのは、22 歳の平堂海で、8 位の十両レスラーとして 10 勝 5 敗でした。

2021年6月に新型コロナウイルスのルール違反で3か月の出場停止処分を受けた元コムスビ龍伝が復帰。 7月には3大会連続で2度目の十両優勝を果たし、12号前頭として復帰する。

.7 月のチャンピオン、一之丞が新しいランキングでエリートに復帰
Source#月のチャンピオン一之丞が新しいランキングでエリートに復帰

Leave a Comment