62歳の男性が妻に火をつけた後に逮捕された

茨城県龍ヶ崎市の警察は、殺人未遂容疑で62歳の男性が53歳の妻にアルコール消毒剤を飲ませて発砲した後、逮捕した。

フジテレビによると、火曜日の午後7時45分ごろ、建設作業員の岩本文義さんが妻に液体を投げつけたという。 それから彼はライターを使って火をつけた。 女性は顔に火傷を負ったが、119番に電話をかけることができた。

消防士は、女性が地面に倒れた後に広がった炎によって家の約半分が破壊されたと言いました。

警察は、岩本容疑者が殺害の意図を否定したと述べた。 彼と彼の妻はその時酔っていて、火事がどのように始まったか覚えていないと彼は言った。

茨城県龍ヶ崎市で、62歳の夫がイソプロピルアルコールを飲んだ後、ライターを投げて53歳の妻を殺害した疑いで逮捕されました。 –FNNプライムオンライン







62歳の男性が妻に火をつけた後に逮捕された

Source#62歳の男性が妻に火をつけた後に逮捕された

Leave a Comment