5ギネス世界記録に認定された元相撲横綱白鵬翔

日本相撲協会が金曜日に発表した、最近引退した元横綱白鵬翔の相撲長老のマガキは、ギネス世界記録に認められた5つの記録を保持している。

5つの記録は白鵬の45回のグランドトーナメント選手権、1,187回のキャリア優勝、1,093回の幕内部門優勝、16回の幕内チャンピオンシップ、そして横綱スポーツの最高ランクの84回のメジャートーナメントです。

相撲長老のマガキは、2021年12月3日、東京の国技館で5つのギネス世界記録証明書の後ろで写真を撮ります。 (写真提供:日本相撲協会)(共同通信)

9月のトーナメント後に引退したマガキは、JSAが発表した声明の中で、「最後に良い報酬を受け取った」と述べた。

白鵬の功績は、2015年に昭和最大の横綱である太鳳が33回の優勝を記録したギネスに初めて認められました。

「これからも先輩として頑張っていきます」と、現在はコーチを務めているが、宮城野部屋にいるマガキは語った。

「実習生もギネス世界記録に認定されるように教育したいと思います。」


関連する報道:

FOCUS:相撲は時代を定義した元横綱白鵬をギャグするために懸命に戦う

記録破りの横綱白鵬翔が相撲のキャリアを終えたことに安堵を表明

相撲:白鵬は、否定的なテストにもかかわらず、まだ競争することを許可されていません


。5ギネス世界記録に認定された元相撲横綱白鵬翔

Source#5ギネス世界記録に認定された元相撲横綱白鵬翔

Leave a Comment