3ドルラーメン終了? インフレは日本の家庭料理を圧迫する

インフレは、日本で最も人気があり、最も手頃な価格の食事の 1 つであるラーメンにも広がっています。

日本の内務省によると、6 月のラーメン 1 杯の平均価格は 617 円 (現在のレートで 4.57 ドル) で、2000 年にデータの追跡を開始して以来の最高額でした。とポップの事業は、増え続ける費用に対処しながら、価格に敏感な顧客を満足させ続けるのに苦労しています.

ラーメンチェーン店「ヒデイ日高」の青野広重社長は「値上げできないことはやっていましたが、とうとう限界に来ました。

同社のどこにでもある日高屋チェーンは安い価格で知られており、基本的な飾り気のないラーメンは 390 円 (3 ドル未満) です。 競合他社が屈服したにもかかわらず、同社は値上げに抵抗し、代わりに、より多くの準備作業を自動化し、タブレットベースの注文システムを採用して、食料費の上昇を相殺しました.

この戦略はおおむね成功しています。 3月から5月にかけて、既存店の客足は前年比28.8%増加しました。これは、日本が3月にコロナウイルスの制限を解除したことも一因です。 しかし、「価格を維持するという我々の決定も貢献した」と青野氏は語った。

とはいえ、日高屋もいつまでもインフレと戦えるわけではありません。 めんの原料となる小麦やスープの醤油などの価格が高騰している。 その一部を輸入している豚肉とラードの急増は、チェーンに特に大きな打撃を与えた。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

3ドルラーメン終了? インフレは日本の家庭料理を圧迫する
Source#3ドルラーメン終了 #インフレは日本の家庭料理を圧迫する

Leave a Comment