28,000人のボランティアのための東京オリンピックのユニフォームは未使用のままです

共同通信の最近の調査によると、東京夏季パラリンピックの約28,000人のボランティアのユニフォームは、試合やイベントの1年間の延期によるスケジュールの競合のために多くの人が撤退した後、未使用のままです。 19パンデミック。

調査対象の市町村は、納税者の​​お金で購入した東京2020大会のアイテムを有効に活用する方法を模索しています。 ユニフォームの購入には17億円(1500万ドル)以上が費やされ、日本は少なくとも48,000人のボランティアの準備をしました。

写真は、2021年10月1日に東京近郊の横浜にあるオフィスで開催された東京2020大会でのボランティア用の未使用のユニフォームの段ボール箱を示しています。(京堂)

調査の結果、東京とその周辺の千葉県と埼玉県を含む11市町村でも、未使用のユニフォームについて同じ問題があり、東京が最も多いことがわかりました。

地方自治体は、ゲーム組織委員会の関与を得て、ゲームスポンサーの1つであるスポーツウェアメーカーのアシックス社からユニフォームを直接購入していました。

ユニフォームセットの価格は、含まれるアイテムにもよりますが、22,000円から40,000円の範囲です。

東京には約21,000足の靴と23,000枚の未使用のポロシャツがあります。 一方、埼玉では約2,000人のユニフォームセットが未使用で、千葉では1,200人以上が続いています。 東北地方の宮城県と福島県では、未使用のユニフォームがそれぞれ約1,000セットと800セットありました。

福島は制服を民間の倉庫に保管しなければならず、月に数万円もかかりました。

ユニフォームにはゲームのエンブレムが刻まれており、組織委員会の厳格な規則に従うため、一部の自治体は、これらの要素に対処するためのガイドラインを主催者に求めています。

宮城県庁の関係者は、「多額の資金とエネルギーを費やしている。組織委員会に協力してもらいたい」と語った。

しかし、委員会は金を渡しているようで、ある当局者は、これらのユニフォームをどうするかは、アシックスとの売買契約に署名した自治体次第だと言っています。

たとえば、北日本の札幌は、145着のユニフォームのうち約100着を視覚障害者学校などに寄贈し、海外のゴールボール選手とのインタラクティブなオンラインセッションを実施しています。 ゴールボールは視覚障害者が行うスポーツです。

栃木県宇都宮大学のスポーツマネジメントのバックグラウンドを持つ中村雄二教授は、時間のかかる作業であっても、ユニフォームの着用方法を透明にすることが重要だと語った。

彼は、ゲームのマスコットを決めるために投票した全国の小学生の場合のように、世論を求めるなど、さまざまな解決策を模索するように依頼しました。

。28,000人のボランティアのための東京オリンピックのユニフォームは未使用のままです

Source#28000人のボランティアのための東京オリンピックのユニフォームは未使用のままです

Leave a Comment