2022年JPFA年間最優秀選手に三苫薫が選出

日本とブライトンのウィンガー、三苫薫が水曜日に日本プロサッカー選手協会によって 2022 年の年間最優秀選手に選ばれました。

25 歳の彼は、3 月のオーストラリア戦で終盤に 2 ゴールを決め、日本をカタールで開催されるワールドカップに出場させ、決勝でも主役を演じ、グループステージでスペインに 2 対 1 で逆転勝ちし、ゲームの勝者を設定しました。

三笘は昨シーズンの終わりにベルギーのロイヤル ユニオン サン ジロワーズで、そして今シーズンは英国プレミア リーグのブライトンで輝かしい活躍を見せ、瞬く間にファンのお気に入りになりました。

三苫はビデオメッセージで「チームメイトとして戦った選手たち、対戦相手として対戦した選手たちから高い評価をいただき、これ以上ないほどうれしい」と語った。

2023 年 1 月 14 日、イギリスのブライトンで行われたプレミア リーグでリバプールに 3 対 0 で勝利した試合で、ブライトンの三苫薫選手が活躍しています。 (共同)


関連記事:

サッカー:日本のスター、三苫薫がブライトンで 2 試合連続得点

サッカー: アーセナルに敗れたブライトンの三苫薫が得点


「私の目標は、(ブライトンの)チームができるだけ上位でフィニッシュすることです。トップ6に入ることを目指しています。ゴールとアシストに集中し、チームが毎試合勝つために最善を尽くしたいと思います。」

JPFAの男性会員は11月20日現在で1,654人で、J1、J2、J3の選手に加え、海外プロクラブと契約している日本人選手もいます。

JPFA のベストイレブンは、ワールドカップのスター選手で占められており、セルティックスの古橋恭悟選手だけがカタールでのトーナメントに選ばれませんでした。

ダニエル シュミット (シントトロイデン) がベスト GK に選ばれ、板倉 航 (ボルシア メンヒェングラートバッハ)、遠藤 渉 (シュトゥットガルト)、冨安 毅大 (アーセナル) が下位 3 位となった。

鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、久保建英(レアル・ソシエダ)、堂安律(フライブルク)が4人中盤で三苫に加わり、伊藤潤也(ランス)と浅野琢磨(ボーフム)が古橋と並んで攻撃を仕掛けた。

セルティックの新加入の岩田朋樹は、横浜F・マリノスがJリーグトップフライトのタイトルを獲得するのに貢献した後、今年のJ1プレーヤーに選ばれました.

2022年JPFA年間最優秀選手に三苫薫が選出

Source#2022年JPFA年間最優秀選手に三苫薫が選出

Leave a Comment