2021年の選挙で地方公務員に賄賂を贈った疑いのある国会の講演者

細田博之衆議院議長の陣営は、昨年10月の下院選挙の選挙運動中に、西日本の地方議会議員などに1日数千円を現金で支払ったと、選挙法違反の賄賂容疑で水曜日に文書が示した。

キャンペーン費用の報告によると、昨年10月31日に島根県第1地区で衆議院選挙で議席を獲得した細田氏は、その支払いを人件費として記録した。 人件費は通常、単純な作業に対して支払われます。

日本の与党自民党の細田博之(C)は、2021年11月10日の東京の下院議長会議で衆議院議長に選出された後、立っている。(京堂)==京堂

2021年10月19日に選挙運動が始まった後、松江市や他の地方自治体の現職および元地方議員に現金が支払われたが、一部の受取人は彼らの活動が「選挙運動労働者の活動に似ていない」と言って違法性を否定した。

細田がキャンペーン労働者に賄賂を贈った疑いがあると水曜日に報じられた週刊誌の後で、費用は明らかになりました。 同日、野党の立憲民主党が通信省や法務省と国会で会合を開いた。

受賞者の一人として挙げられた松江市議会議員は、共同通信にポスターを貼った報酬として受け取ったが、賄賂とは感じていなかったと語った。

細田の地方事務所はコメントを控えた。

スキャンダルは、最近、週刊誌で記者や与党自由民主党の従業員を含む女性にセクハラをしたと報じられた衆議院議長を襲った最新のものです。 CDPJは水曜日、申し立てについて彼に対して不信任決議を提出した。

。2021年の選挙で地方公務員に賄賂を贈った疑いのある国会の講演者
Source#2021年の選挙で地方公務員に賄賂を贈った疑いのある国会の講演者

Leave a Comment