2021年の日本の出生数は過去最低を記録

昨年、日本で生まれた赤ちゃんの数は過去最低を記録しました。 保健省によると、予備的な数字は、2021年に842,897人の赤ちゃんが生まれたことを示しています。

この数字は前年比3.4%減少し、1899年に記録保持が開始されて以来最低となっています。

出生数は6年連続で減少しています。

一方、同省によると、昨年の日本での死亡者数は1,452,289人で、2020年から67,000人を超え、第二次世界大戦後の死亡者数が最も多い。

その結果、日本の人口は609,392人減少し、前年の97,000人以上の減少を上回りました。

結婚数は514,242人でした。 これは、前年から23,000以上減少し、戦後の最低値です。

保健省当局者は、2020年にパンデミックが始まったときにコロナウイルスへの懸念から妊娠しないことを選択した人もいると述べています。感染の拡大が死亡者数に影響を与えた可能性があると彼らは言います。

全国初の「内密出産」を付けしたた熊本県の会社。誰誰になし私したい」。去年12月、熊本市の慈恵家はでししのししでしの内密出産に寄ししたた内密出したとははに身元身元を明かさずに出産。-ANNnewsCH







2021年の日本の出生数は過去最低を記録
Source#2021年の日本の出生数は過去最低を記録

Leave a Comment