2日本人がCOVID封鎖中に上海で死亡、原因不明

日本政府は水曜日、上海に住む2人の日本人がCOVID-19の発生の中で3月下旬に始まった中国の都市の封鎖中に死亡したと述べたが、原因は不明である。

人口約2500万人の中国の商業・金融の中心地である上海が、新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐために封鎖されて以来、日本人の死亡が確認されたのはこれが初めてです。 市内の日本総領事館は、プライバシー上の理由から、人々の詳細を提供することを拒否しました。

上海では依然として人々の移動が大幅に制限されているため、共産党主導の政府の急進的な「ゼロコロナ」政策の下での包括的な制約に多くの人が不満を抱いています。

COVID-19の封鎖が続く中、2022年5月19日、上海の道路に交通を制限するための柵が建てられました。 (共同通信)==共同通信

首都北京を含む中国全土で、多くの人々が故郷や住宅地を離れることも禁じられており、世界第2位の経済大国でのビジネスや消費者活動に大きな打撃を与えています。

中国のメディアは水曜日に、中央政府が地方自治体に景気減速を支えるための措置を講じるよう要請したと報じた。


関連する報道:

Xiに対する国民の支持を損なう中国の「ゼロコロナ」政策

北京最大の朝陽区で封鎖の恐れが高まる

37万。 COVIDによる中国で何らかの形で封鎖されている人々


。2日本人がCOVID封鎖中に上海で死亡、原因不明
Source#2日本人がCOVID封鎖中に上海で死亡原因不明

Leave a Comment