1985年日航ジェット機墜落事故の犠牲者を偲んで37周年

1985 年に 520 人の命が奪われた東京北部の​​山での日本航空の飛行機墜落事故の犠牲者の親族が金曜日に祈りをささげた。 .

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、群馬県上野村の自治体は、親族に対し、御巣鷹山の尾根への参拝や、山麓での追悼式典への参列を制限するよう改めて要請した。

2022 年 8 月 12 日、520 人の乗組員の命を奪った事故から 37 周年を迎える群馬県上野村の御巣鷹尾根で 1985 年に発生した日本航空ジェット機の墜落事故の犠牲者に捧げられた記念碑で祈る人々と乗客。 (経堂) ==経堂

9 歳の息子ケン君を亡くした宮島邦子さん(75 歳)は、1,540 メートルの墜落現場への毎年恒例のトレッキングのために、うだるように暑い夏の村を訪れた遺族の 1 人でした。

遺族会の代表を務める宮島さんは「二度とこのようなことが起こらないようにするという私たちの願いを世界に伝えることは、ケンが私に任せた仕事だ」と語った.

1985 年 8 月 12 日、ボーイング 747 123 便が、東京の羽田から大阪の伊丹空港に向かう途中、524 人の乗客と乗務員を乗せて離陸から約 40 分後に墜落しました。 墜落を生き延びたのは 4 人だけで、世界で最も致命的な単一航空機の事故になりました。

乗客の多くは、日本のお盆の夏休み期間中、家族に会うために帰途に就いていました。 死者の中には「スキヤキ」で知られる歌手の坂本九さん(43)も含まれていた。

父・六郎さんを事故で亡くした神奈川県秦野市在住の石倉良介さん(51)は、毎年親戚と一緒に墜落現場を訪れているという。

「今年のこの時期は、家族や親戚が集まる理由になりました。生まれたばかりの赤ちゃんも参加しました」と石倉氏は語り、彼の経験と学んだ教訓を将来の世代に伝えたいと付け加えた.


関連記事:

JALは旅行回復の期待で2022年度に黒字転換を予測

墜落した中国東方航空のボーイング機に搭乗していた132人全員の死亡が​​確認された

キンは36周年に日航機墜落事故の犠牲者を偲ぶ


.1985年日航ジェット機墜落事故の犠牲者を偲んで37周年
Source#1985年日航ジェット機墜落事故の犠牲者を偲んで37周年

Leave a Comment