14歳の少年が日本の同級生に刺されて死亡

地元警察によると、水曜日に中部日本の学校で別の生徒に刺された後、14歳の高校生が死亡した。2人が何らかの口論に巻き込まれたかどうかの調査が進行中である。

警察は、同じく14歳の攻撃者容疑者を逮捕しました。 愛知県弥富市十四山高校で午前8時ごろ、同級生の伊藤柚月を刺したことを認め、長さ20センチの包丁を押収した。 それは攻撃で使用されました。

2021年11月24日、同級生に刺された後、愛知県弥富市の高校の外に記者やテレビクルーが集まる。 (共同通信)

容疑者は伊藤容疑者を殺害する意図で胃を刺したとみられ、病院に運ばれ、午前10時半ごろに出血性ショックで死亡したことが確認された。

警察は、教師から2人の生徒が口論に巻き込まれたという電話を受けた後、現場に到着した。 先生は悲鳴を聞いてその場に駆け寄り、伊藤を襲ったと思われる少年をつかんだ。

刺し傷は教室の外の廊下で行われました。 事件が起こったとき、他の学生が学校に到着していた、と地元の教育委員会は言った。 2人の生徒は学校の同じジュニアクラスではなく、異なる課外クラブに所属していました。

しかし、教育委員会によると、2年目は同じクラスで同じ小学校に通っていたという。

他の生徒や教師の間で怪我は報告されていません。

委員会によると、現場で押収されたナイフは学校のものではなく、警察は容疑者が武器を持ってきた可能性があると信じていた。

理事会は、2人の子供の間の問題を認識しておらず、事件の原因を決定するための独立した委員会を設立すると述べた。

水曜日の午後の記者会見で、奥山匠取締役は、この状況に深く悲しんでいると述べた。

同じく3年生の15歳の生徒の父親は、事件について学校に問い合わせたが、返答できないと言われた。

「事件を目撃した学生のメンタルヘルスが心配だ」と語った。

理事会によると、11月1日時点で138人の生徒が学校に在籍しており、そのうち47人が3年生でした。

。14歳の少年が日本の同級生に刺されて死亡

Source#14歳の少年が日本の同級生に刺されて死亡

Leave a Comment