11月から同性のパートナーシップを認める東京

東京は現在の規則を改正した後、11月から同性のパートナーシップを認め始めると当局者は水曜日(5月11日)にそうするために日本で最大の都市になると言いました。

日本は、同性の組合を認めていない7カ国のグループの中で唯一の国であり、その憲法は、「結婚は、両性の相互の同意がある場合にのみ行われる」と規定している。

しかし、近年、全国の地方自治体は同性のパートナーシップを承認する動きを見せていますが、そのような承認は法律の下での結婚と同じ権利を持っていません。

都は来月、国会議員に地方条例の改正の承認を求め、10月から申請を受け付け、11月に発行する予定だ。

市は、現在、夫婦のみが利用できるさまざまなサービスを、市が管理するアパートの申請など、パートナーシップ証明書を持っている人に提供することを検討しているとスポークスマンは述べた。

2015年に東京の渋谷地区は、同性カップルに象徴的な「パートナーシップ」証明書を発行し始めた日本で最初の場所になりました。







11月から同性のパートナーシップを認める東京
Source#11月から同性のパートナーシップを認める東京

Leave a Comment