10人の旅行者を刺した疑いのある男が「成功した女性を殺したい」-TokyoReporter

トウキョウヅル(TR)-小田急電鉄の刺し傷で逮捕された36歳の男性が10人の乗客を負傷させたと警察に伝えた。 。

「大学時代、クラブ活動に参加したとき、女性は私を軽蔑し、出会い系サイトで出会った女性と仲良くしませんでした」と津島裕介氏は語った。 「それで私は成功した女性を殺したいと思い始めました。」

金曜日の午後8時30分頃、対馬は祖師ヶ谷駅近くの小田急線の高速急行列車に犠牲者を刺しながらナイフを振るった。

20歳の大学生は、背中や体の他の部分に7つの刺し傷を負いました。 警察によると、被害者の誰もが生命を脅かす状態にあるわけではない。

事件後、対馬は逃げた。 しかし、後に隣接する杉並地区のコンビニエンスストアに設置されました。 土曜日の初め、警察は彼を殺人未遂で起訴した。

津島裕介(ツイッター)

「たくさんの人を殺す」

電車は神奈川県藤沢駅を出発し、東京の新宿駅に向かいました。 事件は青城学園前駅と祖師谷大倉駅の間で起こった。

対馬は犯行中、犠牲者を刺したり暴行したりしながら、3両の電車を連続して通過した。 3台目の車で、彼は床にサラダオイルをスプレーし、ライターで点火しようとしました。

「電車の中では、誰もが不注意だ」と彼は言った。 「そうすれば、たくさんの人を殺すことができます。」

「誰もが元気だった」

警察は、犯罪は事前に計画されていたと信じています。 着替えの入ったハンドバッグが現場で見つかりました。 容疑者は、8インチの長さの刃を持つ肉切り包丁に加えて、「予備」の目的で列車にハサミを持ってきました。

“私が買う [the knife] 2年前に自殺した」と彼は言った。 毎日新聞 (8月7日)。

対馬氏はまた、駅に停車する数が少ないために旅行者が降りられないため、高速急行列車を選んだと述べた。

「約6年前、私は幸せな女性を見ました、そして私は彼女を殺したかったです」と彼は言いました。 「逃げ場がなく、たくさんの人を殺すことができるので、その電車を選びました。 誰もが元気でした。」

10人の旅行者を刺した疑いのある男が「成功した女性を殺したい」-TokyoReporter

Source#10人の旅行者を刺した疑いのある男が成功した女性を殺したいTokyoReporter

Leave a Comment