日本の特使がアフガニスタンでタリバン当局者と会談する

タリバーン暫定政府の副スポークスマンは、火曜日と水曜日に首都カブールでタリバーンの高官と会談したと述べた。

岡田隆大使とカブールのタリバン当局者との会談が明るみに出たのは、タリバンが8月に戦争で荒廃した国を支配した後、その月の終わりに米軍が完全に撤退する前である。

岡田隆(左)駐アフガニスタン日本大使は、2021年11月24日、カブールでタリバン代行政府副首相アブドゥル・ガニ・バラダールと会談する(写真提供:日本外務省)(京堂)

日本政府はタリバン政権の承認に消極的であるが、人道支援を提供するためにアフガニスタンの当局者との会談を行う必要があると思われる。

スポークスマンは、岡田氏が火曜日に政治問題を担当する副首相アブドゥル・カビールと会い、水曜日に暫定タリバーン政府の副首相でもあるアブドゥル・ガニ・バラダールと会談したと述べた。

報道官によると、大使はカビールとの会談で、安全が保証されればカブールに大使館を再開するという日本の意向を伝えた。

「岡田大使は、必要に応じてカブールのタリバン側との交渉に関与している」と、この問題についてこれ以上コメントすることを拒否した日本政府筋は述べた。

カビールは、日本の支援に感謝の意を表明し、暫定政府は日本を含む世界との良好な関係を築くことを望んでいると述べた。 タリバンによれば、彼はまた、日本の援助がそれを必要とする人々に透明な方法で提供されることを保証した。

日本は、タリバンが首都に入り、国を効果的に支配した日である8月15日に、カブールにある大使館を一時的に閉鎖した。 また、日本大使館職員をアフガニスタンから避難させ、外交活動をカタールの首都ドーハに移しました。

岡田首相は先月、カタールの首都ドーハでアミール・ハーン・ムッタキ外相代理と会談し、日本に関連する大使館や組織で働くアフガニスタン人の安全を確保するよう求めた。


関連する報道:

日本大使がタリバン外相と会談

日本は300人以上のアフガニスタン人の避難を支援し、140人がカタールから到着しました

53人の避難者が日本に到着し、最初のグループは飛行機でアフガニスタンを離れます


。日本の特使がアフガニスタンでタリバン当局者と会談する

Source#日本の特使がアフガニスタンでタリバン当局者と会談する

Leave a Comment