日本の小売業者は米国の購入期間を受け入れる

ブラックフライデーの販売は最近日本で定着しており、今年、国内の小売業者は、COVID-19のパンデミックによる昨年の販売不振の後、顧客が買い物に行くことを期待しています。

日本の小売業者は、米国での感謝祭の翌日であり、2016年頃にますます多くの国でホリデーショッピングシーズンの非公式な始まりを示すブラックフライデーを受け入れ始めました。金曜日は、今年のブラックフライデーの販売期間の始まりであり、主要なものです。全国のブランドや小売業者は、顧客を店舗やWebサイトに誘導するための販売キャンペーンを再び開始しています。

たとえば、Amazon Japanは、金曜日から12月2日まで、そのサイトに特別なランディングページを設定し、衣料品や食品から家庭用電化製品まで、数十万の製品を割引します。

一方、楽天株式会社が運営するオンラインショッピングサイト「楽天いちば」では、11月18日〜火曜日(11月23日)にサイトで買い物をしたお客様にボーナスポイントをプレゼントしました。 また、ライブストリーミングイベントを通じて一部の製品を紹介し、ビデオを視聴した顧客にクーポンを配布しました。

三越伊勢丹ホールディングスは、11月10日から月曜日(11月29日)まで、オンラインショッパー限定のブラックフライデーキャンペーンを開始しました。 デパートは昨年、パンデミックのために実店舗を訪れることに不快感を覚えた顧客にリーチするために、最初のブラックフライデーキャンペーンを開始しました。 ハイエンド商品の販売に関しては、店舗の従業員はアプリを通じて顧客に連絡を取りました。







日本の小売業者は米国の購入期間を受け入れる

Source#日本の小売業者は米国の購入期間を受け入れる

Leave a Comment