麻生太郎前首相率いる自民党派閥が3位に落ちる

麻生太郎党副大統領が率いる自民党派閥の4人が辞任し、与党で3番目に大きい派閥となった。

金曜日に辞任したのは、佐藤勉元自民党総裁、阿部俊子、丹羽秀樹、御法川信英の4人。 全員が衆議院議員です。

彼らの離脱により、麻生派のメンバー数は49人に減少した。

菅義偉前首相に近い佐藤氏は、菅義偉首相が率いる可能性のある新たな自民党グループを結成する機会を模索することが期待されている。

金曜日、佐藤、丹羽、ミノリカワは衆議院議員の建物にある彼の事務所で麻生を訪問し、4人の議員の辞表を提出した。 安倍首相は国会に出席していたため欠席した。 麻生は彼らに派閥にとどまるよう説得しようとはせず、代わりに彼らの「貢献と支援」に感謝した。

自民党の麻生派が党内の第2派閥から第3派閥に決しししするするするてていた佐藤前世務会長ら4人がガ一種に喜しししした.-TBSニュース







麻生太郎前首相率いる自民党派閥が3位に落ちる
Source#麻生太郎前首相率いる自民党派閥が3位に落ちる

Leave a Comment