高等裁判所は、事件ファイルの処分の一時停止を命じた

日本の最高裁判所は、いくつかの家庭裁判所が少年事件に関連する貴重な資料を破棄したことが明らかになった後、事件ファイルの破棄の慣行を一時的に停止するよう命じた、とこの問題に詳しい筋が水曜日に語った.

高裁は10月25日付の命令で、高等裁判所、地裁、家庭裁判所に対し、保存義務期間を過ぎても記録を残すよう求めた。 . .

最高裁の判決は、未成年者が関与した事件の記録は本人が 26 歳になるまで保管しなければならないが、歴史的価値のある文書は特別保存規定の下で制限を超えて永久に保管しなければならないと述べている。

2020年8月18日に撮影された写真は、東京の最高裁判所を示しています. (経堂)


関連記事:

日本の家庭裁判所は、未成年者による1997年の連続殺人の記録を抹消します


しかし10月、神戸家庭裁判所は、1997年に10代の少年が小学生2人を殺害し、さらに3人を襲撃した連続殺人事件の判決と捜査に関連するすべての記録を抹消したと発表した.

その後、2004年に県立長崎県立学校6年生が同級生に刺殺された事件や、2006年に奈良県で10代の少年が自宅を全焼させ死亡させた事件に関連する資料など、ファイルの廃棄事件が発覚した。継母。 そして弟と妹。

最高裁が10月に行った家庭裁判所の調査で、特別保存が認められたのは15件にとどまり、永久に保存されるべき相当数の事件に関する記録が破棄されたことが明らかになった。

特別保存規定の運用や法定資料の保管方法などを協議する高裁の有識者会議が年内に開かれる予定だ。

検察は判決確定後、刑事事件の記録を常に保管しているため、委員会は民事および少年事件に関連する資料の保管のみを検討します。

高等裁判所は、事件ファイルの処分の一時停止を命じた

Source#高等裁判所は事件ファイルの処分の一時停止を命じた

Leave a Comment