高価な日本パッケージが発売される

タイのアウトバウンドツアーオペレーターは来月日本パッケージを提供する準備をしています。主にビザの要件、Covid-19のテスト、運用コストの高騰により、パンデミック前に販売されたものよりも30〜40%高い価格になると予想されます。

タイ旅行代理店協会のチャロエン・ワンガナノント会長は、日本政府観光局がツアーグループの入国規則を発表したと述べた。これは、6月10日から2年以上にわたって国内に許可される最初のレジャー旅行者となる。

「タイの顧客は、パンデミック前に免除されていた2,000バーツのビザ料金など、追加の支払いと追加の書類処理を義務付ける要件があるため、ルールにどのように対応するかを確認する必要があります。観光客も申請する必要があります。自分でビザを取得し、到着の72時間前にRT-PCRテストを実施します。これには合計で約5,000バーツの費用がかかります」と述べています。ツアー会社はすべての食事を含むフルボードツアーを提供する必要があるため、パッケージはより高価になります。

少人数のグループでは、ツアー会社は規模の経済の恩恵を受けることはできませんが、利益を維持し、増加するコストに対応するために、一人当たりの価格を引き上げる必要があります。

「青」グループに分類されるタイからの訪問者は、到着時に検疫とRT-PCR検査を免除されます。 ツアースキームに参加できるのは、青のカテゴリの国のみです。

Charoen氏は、不活化ワクチンはリストから除外されているが、観光客も3回のmRNAまたはウイルスベクターショットでワクチン接種されなければならないと述べた。


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

高価な日本パッケージが発売される
Source#高価な日本パッケージが発売される

Leave a Comment