骨のミトコンドリアDNAタイプは行方不明の少女の母親のそれと一致します

日本の警察によると、山梨県の山岳地帯で見つかった人間の骨片のミトコンドリアDNAタイプは、3年前に行方不明になった少女の母親のそれと一致している。

警察は、骨が母親と血縁関係にある人のものであると言うのは「矛盾していない」と言っています。

2019年9月、当時1年生だった小倉美咲が県道志村のキャンプ場から行方不明になりました。 大規模な検索努力は彼女を見つけることができませんでした。

今年の4月23日、キャンプ場から約600メートルの谷で人間の頭蓋骨の一部が発見されました。

警察は遺体から人を特定するのに十分なDNAを収集できませんでした。

そこで彼らは、血液の関係を調べるために骨細胞のミトコンドリアDNAを研究しました。 ミトコンドリアDNAは母性的に受け継がれています。

彼らが谷とその周辺地域を捜索し続けていると、警察は4月下旬に靴と靴下を見つけました。 彼らはまた、5月4日に肩甲骨と長袖シャツを発見し、水曜日に骨片のように見える2つの物体を発見しました。

警察によると、靴とシャツは、少女が失踪した日に着ていたものとよく似ているという。

彼らは、肩甲骨と見かけの骨片を調べ続けると言っています。

身索が山梨県道志村の山中で11日にに襲た2後骨ようなものは、、しも長さが15センチ表の棒状棒状で人の骨のなば足腕の例義行のよういた。が11日に2し骨のなものをするした。







骨のミトコンドリアDNAタイプは行方不明の少女の母親のそれと一致します
Source#骨のミトコンドリアDNAタイプは行方不明の少女の母親のそれと一致します

Leave a Comment