馬場雄大が得点トップ、日本がイランを破りシリーズを席巻

日曜日にゼビオアリーナ仙台で行われたイラン戦で馬場雄大がゲームハイの21得点を挙げた。

富樫勇樹と比江島誠も、アカツキジャパンが土曜日の82-77でのわずかな勝利に続いて、2試合の国際親善シリーズを席巻したため、1ピースで12ポイントを追加しました。

2022年8月14日、ゼビオアリーナ仙台で行われたバスケットボールの国際親善試合で、馬場雄大がアカツキジャパンの第1ピリオドで得点を上げ、日本が80-58でイランに勝利し、21ポイントの努力をしました. (共同)

ヘッド コーチのトム ホヴァス率いるチームは、第 2 クォーターでビジターを 25 対 14 で上回り、残りの試合でも主導権を握り続け、第 3 クォーターの中盤までにリードを 20 ポイントに伸ばしました。

日本はスリーポイント アークからわずか 30% しかシュートできませんでしたが、フィールド全体で 64% を達成し、イランを 44.1% のシュートに抑えました。 ホストはまた、フリースロー ラインからの 12 対 12 で完璧でした。

「我々はスリーポイントをあまり打てなかったが、時にはそのようなゲームをすることもある」とホバスは言った。 「守備の観点から言えば、我々は本当に良い試合をした。」

Amirhossein Yazarloo は、イランでチーム最高の 15 ポイントを獲得しました。

昨年夏に日本の女子選手をオリンピック銀メダルに導いたホバス氏は、日本がインドネシアとフィリピンと共催する 2023 FIBA​​ ワールドカップに向けて男子チームを導く一方で、いくつかのラインナップを試してきました。

NBA フォワードの八村塁と渡辺勇太は、最近の国際試合には出場していませんが、21 歳のネブラスカ大学オマハ校のガードである冨永啓生も含まれる可能性が高いワールドカップ チームの礎となる予定です。

日本は、8月25日にテヘランで開催されるアジアワールドカップ予選の次のラウンドでイランと対戦する.

==経堂

.馬場雄大が得点トップ、日本がイランを破りシリーズを席巻
Source#馬場雄大が得点トップ日本がイランを破りシリーズを席巻

Leave a Comment