香港籍の貨物船が日本沖で沈没

香港籍の貨物船ジンティエンが南西日本沖で沈没し、22 人の乗組員全員を救助するための努力が進行中です。

海上保安庁のスポークスマンは、共同通信による以前の報告を確認して、水曜日の早朝、長崎県の一部である離島の談正諸島の西 110 キロで沈没したと述べた。 沿岸警備隊は火曜日の午後 11 時 15 分に遭難信号を受信したと彼は言い、船の沈没の原因はまだ不明であると付け加えた。

日本で異常に寒い週に発生したこの事件は、2019 年に 6,000 頭近くの牛を運ぶ貨物船が海岸沖で沈没し、39 人の乗組員のほとんどが海上で行方不明になって以来、最悪のようです。

沿岸警備隊によると、ジン・ティアンの乗組員は中国人14人とミャンマー人8人で構成されていた。 彼らは午前 2 時 40 分に緊急筏に乗り込み、その 6 分後に船は沈没した、と彼らは付け加えた。

共同通信は、4人が救助され、18人が行方不明になっていると報じた。

日本の調査船、リベリアのタンカー、中国の貨物船の 3 隻の民間船が救助活動を行っていると海事当局は述べ、沿岸警備隊と日本の自衛隊が向かっていると付け加えた。

(ブルームバーグ)

香港籍の貨物船が日本沖で沈没

Source#香港籍の貨物船が日本沖で沈没

Leave a Comment