韓国がオミクロンコロナウイルス変異体の最初の症例を確認:報告

韓国はコロナウイルスの新しいオミクロン変異体の最初の症例を確認した、とYonhapの報道機関は水曜日に報告し、保健当局を引用し、既存のデルタ株の感染が急増する中でCOVID-19について懸念を表明した。

報告書によると、11月14日から23日にナイジェリアを訪れた夫婦とその友人を含む5人が遺伝子配列検査でオミクロン変異体の検査で陽性であったと韓国疾病予防管理局は述べた。

夫婦は完全にワクチン接種された、と当局は報告書で述べた。 保健当局によると、2人とその友人はすべて40代で、呼吸器と筋肉痛以外の重大な症状は見られませんでした。

報告によると、夫婦の10代の息子も亜種に感染している疑いがあります。 息子のテストの結果は今週後半に発表される予定です。

人々は2021年12月1日にソウルのCOVID-19検査センターを訪れます。(共同通信)

ソウルは、オミクロンの最初の症例を確認する前に、前日のコロナウイルスの1日あたりの症例数が初めて5,000を超えたと報告しました。

当局によると、火曜日に5,123件のCOVID-19感染が検出され、11月23日に記録された4,115件の以前の記録を上回っています。 重症患者の数は過去最高の723人に達しました。

政府は、「COVID-19とともに生きる」政策の一環として、11月1日にウイルスの制限を緩和しましたが、事件の急増を受けて月曜日に実施を停止しました。

韓国人のほぼ80%が完全にワクチン接種されていますが、保健当局は、すでに接種された人々からのいわゆるブレイクスルー感染の増加に続いて、ブースターショットを撮るよう人々に促しています。

。韓国がオミクロンコロナウイルス変異体の最初の症例を確認:報告

Source#韓国がオミクロンコロナウイルス変異体の最初の症例を確認報告

Leave a Comment