関係が強まるにつれて、中国とASEANの協力は勢いを増す

©新華社提供

北京、5月26日(新華社)-COVID-19の発生と不確実性の高まりにもかかわらず、中国は東南アジア諸国連合(ASEAN)との協力に止められない勢いを見出し、戦略的パートナーシップをさらに深める準備ができています。

1991年に中国とASEANが対話関係を築いて以来、双方は、包括的な協力により地域の繁栄を促進し、地域の人々に具体的な利益をもたらすことに引き続き取り組んできました。

活気に満ちた実り多い

2002年、中国とASEANは、2010年に発効した中国-ASEAN自由貿易地域(FTA)の建設を開始するための枠組み協定に署名した。

この世界最大のFTAの下では、中国とASEAN諸国間の商品の90%以上がゼロ関税で取引され、サービスと投資に対する制限措置も大幅に解除されました。

両国間の貿易額は、1991年の80億米ドル未満から2020年には6,846億米ドルに急増し、80倍以上に増加した。 2020年、ASEANと中国はお互いの最大の貿易相手国になりました。

地域包括的経済連携(RCEP)協定後、ASEAN加盟10か国と中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとの間の大規模貿易協定が今年の初めに正式に発効し、中国のバラ色の見通しASEANは、さらに緊密な経済および貿易交流によって強調されています。

税関のデータによると、第1四半期の中国のASEANへの輸出入は1.35兆元(2,022億米ドル)に達し、前年比8.4%増加し、中国の対外貿易総額の14.4%を占めています。

データによると、この期間中、中国とASEAN間の貿易は、RCEPパートナーとの中国の対外貿易の47.2%、つまりほぼ半分を占めていました。

昨年11月、ASEANと中国の対話関係の30周年を祝い、双方は共同で、関係の新たなマイルストーンである中国とASEANの包括的な戦略的パートナーシップの確立を発表した。

©新華社提供

より高いレベルとそれを超えて

先週開催されたサミットで、ASEAN事務総長のリム・ジョク・ホイ氏は、「ASEANと中国の経済関係は、これまでになく強力で緊密なものになっている」と述べた。

「パンデミック後の時代の急速に変化する世界経済情勢に対応して、ASEANと中国は新しい前向きなパートナーシップに向かって動いている」と彼は付け加え、「このパートナーシップの範囲は広範囲であり、多くを含む回復力のあるサプライチェーン、デジタルエコノミー、持続可能性などの新たな優先事項。」

アジア太平洋経済協力の第28回貿易大臣会合での王ウェンタオ商務大臣によると、中国はASEAN加盟国との間でバージョン3.0の中国-ASEANFTAを積極的に構築している。

同省のスポークスマンは、地域の経済統合を促進し、地域の経済回復を促進し、地域の平和と安定した発展を維持するために、すべての当事者との実際的な協力を進める準備ができていると述べた。

「中国は、前述の原則に準拠した地域経済イニシアチブに対して引き続きオープンである」と彼は述べた。

中国は、地域建築におけるASEANの中心性を強化するための努力を強調し、「アジアの団結の家族に貢献し、共に進歩する」ことを呼びかけた。

ASEAN諸国はまた、持続可能な開発のための国連2030アジェンダを加速するために、中国が提案したグローバル開発イニシアチブを実施するための協力を強化することを約束しています。

最近の報告によると、東南アジア諸国連合、中国、日本、韓国(ASEAN + 3)の加盟国の成長率は、今年は4.7%、2023年には4.6%であり、ASEANの成長率は5.1と5.2です。それぞれパーセント。

ASEAN + 3地域経済見通し2022によると、これらの地域は、より完全な開放と力強い景気回復を期待することができます。

©新華社提供

より弾力的で持続可能なASEANと中国の経済連携を構築するために、双方はRCEPの枠組みの下でより広い地域経済統合を共同で促進し、インフラをさらに強化すべきであると、ASEAN副事務局長のSatvinderSinghは最近の記事で述べた。

。関係が強まるにつれて、中国とASEANの協力は勢いを増す
Source#関係が強まるにつれて中国とASEANの協力は勢いを増す

Leave a Comment