閉店したバーやレストランは、日本ではCOVID-19を抑制していないようです。

ジャーナルScientificReportsで検討中のResearchSquare *プレプリントサーバーに投稿された最近の調査では、研究者チームが日本の11都道府県で縦断調査を実施し、フルサービスのレストランやバーの早期閉鎖によって発生率が低下したかどうかを評価しました。と2021年2月のコロナウイルス病2019(COVID-19)の症状。

2021年1月、日本の11都道府県は非常事態宣言(SE)を宣言し、COVID-19の抑制を期待して、2021年2月の午後8時までにレストランやバーを閉店することを義務付けました。 2021年2月7日、栃木県ではSEが解除され、他の県では2月末まで継続された。

最初のパンデミックの波の間に行われた研究は、フルサービスのレストランとバーが重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の蔓延に寄与したことを証明しました。 しかし、この初期の証拠が現在の状況に当てはまるかどうかは不明です。 さらに、レストランやバーの閉鎖とその他のSARS-CoV-2介入政策の影響を分離することは困難です。

しかし、2020年から2021年の冬の間、日本は日本のパブやバーの早期閉鎖の影響を調査し、COVID-19を示す症状の発生率を決定するための理想的な研究所でした。







閉店したバーやレストランは、日本ではCOVID-19を抑制していないようです。
Source#閉店したバーやレストランは日本ではCOVID19を抑制していないようです

Leave a Comment