長谷部誠、元浦和とフランクフルト親善試合を楽しむ

アイントラハト フランクフルトのベテラン、長谷部誠は木曜、11 月に日本で開催された親善試合で、ドイツ ブンデスリーガのチームがかつて所属していたクラブの浦和レッズと対戦したことについて喜びを語った。

2022 年 10 月 27 日にドイツのフランクフルトで開催された記者会見で話す、アイントラハト フランクフルトの長谷部誠。 (経堂)

ヨーロッパリーグの現チャンピオンは、カタールでのワールドカップに先立つリーグ戦の休憩中に日本をツアーし、11月16日に埼玉スタジアムで浦和と対戦し、11月19日にパナソニックスタジアムでガンバ大阪と対戦する.

長谷部は記者会見で、「浦和は私を成長させてくれたクラブであり、フランクフルトは私の第二の故郷です。私の特別なクラブがお互いにプレーできることを嬉しく思います」と語った。

元日本代表キャプテンは、2002 年に J リーグの浦和でキャリアをスタートさせ、ヴォルフスブルクとニュルンベルクでプレーした後、2014 年にフランクフルトに到着しました。

38 歳の彼は現在、左ひざの靭帯の損傷により活動を停止していますが、ツアーでプレーすることを望んでいます。

長谷部は「日本ツアーを目指してリハビリ中。焦らず、1日1日がんばる」とコメントした。


関連記事:

サッカー:ヨーロッパリーグフランクフルトの勝者は、11月にガンバの浦和と対戦します。


長谷部誠、元浦和とフランクフルト親善試合を楽しむ

Source#長谷部誠元浦和とフランクフルト親善試合を楽しむ

Leave a Comment