長崎市は原爆投下 77 周年を迎えるにあたり、核廃絶を訴えています。

長崎は火曜日、第二次世界大戦中の米国による南西日本の都市への原爆投下から77周年を迎え、田上富久市長は、ロシアのウクライナ侵攻後の潜在的な使用に対する懸念が高まる中、核兵器の廃絶を呼びかけた.

同様の爆弾が約 300 キロ北東の広島に投下された 3 日後の長崎への原爆投下は、1945 年末までに推定 74,000 人の命を奪い、他の多くの人々が火傷や放射線の影響に苦しんでいました。攻撃のずっと後に関連する病気。

[1945年8月9日午前11時2分に黙祷が捧げられました。これは、米国の爆撃機が投下した「ファットマン」というコードネームのプルトニウム爆弾が港湾都市上空で爆発したときで、核兵器が投下されたのは2回目でした。戦争で使用されました。

2022 年 8 月 9 日、日本南西部の長崎にある平和公園で、米国による長崎市への原爆投下から 77 周年を記念する毎年恒例の式典で、ハトが放たれる。 (経堂)

市の平和公園での記念式典で行われた平和宣言の中で、市長は核兵器保有国に対し、進行中の核不拡散条約の再検討会議で核軍縮を達成するための「具体的な」方法を提示するよう求めました。

田上氏はまた、日本政府に対し、北東アジアにおける非核兵器地帯の可能性に関する議論を主導し、核兵器を禁止する国連条約に署名し、批准することを要求した。

日本は、核保有国として核攻撃を抑止するために米国の「核の傘」に依存している他の国々とともに、条約への参加を除外しています。 しかし、米国の一部の同盟国は、6 月に開催された協定の最初の締約国会議にオブザーバーとして参加しました。

2022年8月9日、長崎市の平和公園で開催された米国による長崎への原爆投下77周年記念式典でスピーチを行う長崎市の田上富久市長(共同)

2月下旬にウクライナで戦争が始まった直後、ウラジーミル・プーチン大統領はロシアの核戦力に厳戒態勢を敷き、1945年以来初めて戦争で核兵器が使用されるという世界的な懸念に火をつけた。

ロシアによる脅迫は、「核兵器の使用は根拠のない恐怖ではなく、目に見える現在の危機であることを世界に示した」と市長は述べた。

広島の選挙区を代表し、核兵器のない世界に向けて努力する用意があることを表明した岸田文雄首相は、「厳しい治安状況の中でも、核兵器不使用の歴史を継続しなければならない」と述べた。長崎を最後の原爆投下の地にし続ける」

2022 年 8 月 9 日、日本の岸田文夫首相は、米国による長崎への原爆投下から 77 年を記念する毎年恒例の式典で、南西日本の市にある平和公園で花輪を捧げます。 (共同)

岸田首相は「透明性の確保、継続的な核兵器の削減、核不拡散は引き続き重要な取り組みだ」と述べた。

過去最多となる 83 の国と地域の代表が式典に参加したが、ウクライナ戦争でモスクワを支援しているロシアとベラルーシは招待されなかった。 市当局者は、この数字の増加は「ロシアの侵略によって強まった平和への願望」を反映している可能性が高いと述べた。

国連からは、アントニオ・グテーレス事務総長に代わって、事務次長兼軍縮担当上級代表を務める中満泉氏が出席しました。

2022 年 8 月 9 日、長崎で、第二次世界大戦中の 77 年前の同日、南西日本の都市への米国原爆投下の韓国人犠牲者を記念する記念碑に花を捧げる人々。 (経堂) ==経堂

グテーレス氏はメッセージの中で、核紛争は「可能性の領域に戻された」と述べ、「ロシアのウクライナ侵攻は、私たちがいつでも絶滅の可能性からほんの数分であることを思い出させてくれる」と述べた。

先週、グテーレス氏は 2010 年以来初めて広島を訪れた国連事務総長になりました。2018 年には、彼は長崎での毎年恒例の記念式典に出席した最初の国連事務総長になりました。

火曜日の式典は、COVID-19の蔓延を食い止めるための制限が全国的に緩和されたため、昨年よりも大規模でしたが、縮小された容量は維持されました. 先月の安倍晋三元首相の射殺事件を受けて厳重な警備の中、約1600人が参加した。

平和公園では、早朝から蝉の鳴き声が響く中、被爆者や遺族らが集まり、花を手に祈りを捧げた。

2022 年 8 月 9 日、長崎の浦上天主堂で行われた追悼ミサで祈りを捧げる女性。 (経堂) ==経堂

甲斐田美智子さん(89)は「爆心地から8キロほどの場所に友人といた」と話した。 .

「あの日とその後のことを思い出すのは難しいです。とても壊滅的でした」と彼女は言いました。

「核兵器は世界を滅ぼすだろう。勝者はいないし、できるだけ早く廃止されるべきだ。プーチン氏が自国の核兵器について言っていることに私は耐えられない」

岸田氏は式典後の記者会見で、政府は爆心地周辺の政府指定地域の外で長崎原爆を経験した人々に提供される医療補助金の対象に、ある種の癌を含めるつもりであると述べた.

被爆当時の被爆者とは異なり、被爆者は被爆者としての恩恵が限られており、高齢であることから早急な救護の改善が求められています。

岸田氏は、厚生労働省にどのような種類のがんを含めるかを検討するよう指示し、4 月に関連する医療費を補助金プログラムで賄うことができるようにすると述べた。

2022 年 8 月 9 日、第二次世界大戦中の南西日本の都市に対する米国の原爆投下から 77 年にあたる、長崎の爆心地の慰霊碑の周りに高校生が人間の鎖を形成します。 彼らはコロナウイルスの大流行の中で接触を避けるためにリボンを使用しました. (経堂) ==経堂

その後、公園近くの長崎原爆資料館を訪れた。現職の首相としては九六年の再建以来、初めての訪問。資料館には、爆風にさらされた浦上天主堂の側壁のレプリカなどが展示されている。

7月末までの1年間で、市は3,160人の原爆被爆者の死亡を確認しました。 公式に認定された原爆犠牲者名簿には、現在、192,310 人の名前が記載されています。

厚生労働省によると、被爆者と呼ばれる 2 つの核攻撃の公式に認められた生存者の合計数は、3 月の時点で 118,935 人で、前年から 8,820 人減少しました。 彼らの平均年齢は84.53歳でした。


被爆77周年長崎平和宣言要旨

以下は、田上富久市長が火曜日に市の原爆投下77周年を記念する式典で読み上げた長崎平和宣言の要点です。

— ロシアのウクライナ侵攻と核兵器使用の脅威は、核兵器の使用が根拠のない恐怖ではなく、目に見える現在の危機であることを世界に示した。

――核兵器は存在するので、使える。 核兵器をなくすことは、地球と人類の未来を守る唯一の現実的な方法です。

核兵器保有国は、核不拡散条約の約束を再確認し、核兵器削減のための具体的なプロセスを示す必要があります。

— 日本政府は、「核共有」やその他の形態の核兵器への依存ではなく、北東アジア非核兵器地帯構想の推進を含め、核依存の反対に向けて議論を主導するよう求められています。

――日本政府は、核兵器を禁止する国連条約に署名し、批准するよう求められています。

――政府は、原爆被爆者への支援の充実や、被爆者認定を受けていない被爆者への救済措置を早急に講じてほしい。


関連記事:

意見: ヒロシマとナガサキから 77 年、今こそ平和を広める時です

国連事務総長は、緊張が高まっているときに核使用をほのめかすことは「容認できない」と警告している

広島は77周年を迎えます。 核の脅威の中での原爆投下の


.長崎市は原爆投下 77 周年を迎えるにあたり、核廃絶を訴えています。
Source#長崎市は原爆投下 #周年を迎えるにあたり核廃絶を訴えています

Leave a Comment