酔っ払った日本の警察官が路上で居眠り、事件の書類を紛失

西日本の捜査官が、酒に酔って路上で寝た後、彼が取り組んでいた事件に関連する犯罪容疑者と他の約400人の名前を含む文書を紛失した.

2020年に撮影されたファイル写真は、西日本の神戸にある兵庫県警察本部を示しています. (経堂)

捜査官は、金曜日の午後8時30分頃、西宮市の居酒屋で部下2人と飲み始め、ビールや焼酎など7杯程度を飲み、部下を見て徒歩で帰宅中に路上で居眠りをした。警察によると、午後11時頃に駅で降りたという。

兵庫県警によると、49歳の捜査官は土曜日の午前5時頃に目が覚めたとき、書類を運ぶために使用していたバッグがないことに気づきました。

警察によると、資料には容疑者の生年月日や住所、勤務先などの個人情報が含まれているが、これまでのところ悪用されていないと判断している。

日本の警察官は、許可なく捜査資料を職場外に持ち出すことを禁じられています。 警察は捜査官が、文書を職場に返却せずにバーに直接飲みに行ったと言ったと述べた.


関連記事:

中部地方で警察車両からAppleの追跡装置が発見される

日本の警察は、人種プロファイリングの印象を避けるよう警官に促します

日本で警察官がナイフを持った男を射殺


.酔っ払った日本の警察官が路上で居眠り、事件の書類を紛失
Source#酔っ払った日本の警察官が路上で居眠り事件の書類を紛失

Leave a Comment