退院から1年後に約10%がCOVID-19後遺症に苦しんでいます:調査

コロナウイルスの症状で入院した人の約10%が退院後1年も後遺症に苦しんでいると保健省の研究グループがまとめた最近の調査が示した。

調査によると、最も一般的な長引く症状は、7.4%で筋力の低下であり、続いて4.4%で呼吸困難、3.5%で無気力でした。

嗅覚の喪失または変化を経験した個人は1.6%を占め、味覚が変化した個人は1.0%で記録されました。 何人かの人々は複数の症状に苦しんでいました。

調査は、2020年9月から2021年7月の間に病院に入院した中等度または重度のCOVID-19症状の693人を対象としました。

退院後1年で後遺症と思われる症状について医療機関に相談し続けた人は9.​​8%でした。







退院から1年後に約10%がCOVID-19後遺症に苦しんでいます:調査
Source#退院から1年後に約10がCOVID19後遺症に苦しんでいます調査

Leave a Comment