追放されたミャンマーの指導者スーチーの日本刀を復元

追放されたミャンマーの指導者、アウンサンスーチーが今年初めのクーデターで逮捕された後も運命は不透明であるにもかかわらず、日本の職人たちは彼の所有する日本刀を復元するために懸命に努力を続けてきました。いつか返品できます。

2月のクーデターでスーチーが逮捕される前に、彼女はミャンマー駐在の日本大使である丸山一郎に修理について相談した。 -スタイルの剣。 丸山氏は、日本財団の常務理事である、刀の知識を持っている森裕司氏に、刀の修理を手伝ってもらうよう依頼した。

スーチーは森のことを知った後、修理を手伝ってくれるかと尋ね、岡山県瀬戸内市の工房で刀を修復した。

2月に逮捕されて以来、職人たちはスーチーから連絡がないので、当然のことながら心配している。 「私は彼に安全を求めている」と労働者の一人は言った。

財団によると、この剣は、1942年の第二次世界大戦中に日本の主要新聞である朝日新聞の社長から、国を占領する日本軍の司令官に任命された飯田祥二郎陸軍中将への贈り物でした。時間。既知。 ビルマのように。

剣の所在はその後数年で不明になったが、最終的には、最初にイギリスの支配と戦い、次に日本の占領と戦ったミャンマー独立運動の英雄であるアウンサン将軍の手に渡った。 彼はスーチーの父でもありました。

1947年に殺害された将軍は、娘に「日本兵からの贈り物」だと語った。

11月6日、岡山県瀬戸内市にミャンマーのアウンサンスーチーが所有する日本刀が展示されます。 共同通信

昨年2月、森は、錆びがひどくなった刃の修理について、ミャンマーのスーチーの大臣兼親しい仲間と会い、日本に持ち帰った。 その後、刀を委託された財団は、刀工芸で有名な瀬戸内の備前長船刀博物館で工房を開催し、修復を行いました。

刀鍛冶横山知伸(49)とその弟子たちは、2020年10月から刀の製作を始めました。

この武器は、日本政府から「人間国宝」として認定された故鍛冶屋の高橋貞次によって作成されました。

保管不良により刀の状態が著しく悪化し、錆が金属の奥深くまで浸透していた。 ブレード自体も破損していた。

刃が元に戻ったら、さらに3人の職人がハンドルの修理に取り掛かりました。 刀を磨くと横山は チャレンジ 創作者の高橋が有名な刃模様が鋼に現れました。

しかし、横山は刀を強く磨きすぎないように注意し、少し錆びたままにして、形が変わらないようにしました。

横山の祖父は第二次世界大戦で戦い、1945年にビルマでの戦闘で戦死しました。

「(この刀と)奇妙なつながりを感じた」と、打撃を知った後、心配しながら武器に取り組み続けた横山は言った。 「(スーチーに)返してくれないかと心配でした。」

刀は11月6日に瀬戸内で行われた式典でのワークショップによって日本財団に返還されました。

「驚いた。刀は作られたばかりのように輝きを取り戻した。(この刀は)日本とミャンマーの歴史を示す重要な記録だ」と森氏は語った。

森はミャンマーの状況がよくわからないが、財団は今のところ剣を守ると述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。追放されたミャンマーの指導者スーチーの日本刀を復元

Source#追放されたミャンマーの指導者スーチーの日本刀を復元

Leave a Comment