贈収賄で告発された東京大会のスポンサーは50%以上の割引を受けました

ビジネス スーツの小売業者であるアオキ ホールディングスは、東京オリンピックおよびパラリンピック組織委員会とのスポンサー契約に対して 5 億円 (370 万ドル) を支払いました。

発覚は、スポーツ界に多大な影響力を持っていた元東京オリンピック組織委員会幹部の高橋治之氏と元小売業者の青木博典氏、および他の2人が賄賂の疑いで逮捕された翌日に行われた.

青木容疑者は逮捕を受けて、検察の捜査に協力するとの声明を発表した。

青木宏典さんの弟である青木貴久さんと同社常務の上田勝久さんも、2017年1月から2021年6月にかけて、スポンサーの選定過程で高橋氏に青木氏の優遇を繰り返し要求した疑いが持たれている。

組み合わせた写真は、高橋晴行(左)と青木浩典。 (経堂)

組織委員会と契約しているスポンサーは、金額によって「ゴールドパートナー」「オフィシャルパートナー」「オフィシャルサポーター」に分かれていた。

青木選手は新型コロナウイルスの影響で1年延期された2021年東京五輪の「オフィシャルサポーター」に認定された。 同層のスポンサーの標準報酬は約15億円。

上位の「ゴールドパートナー」は約150億円を支払った。

スポンサー選定の経緯も契約料も公開されていない。

「公式サポーター」契約を締結することで、小売業者はゲームのエンブレムをビジネス目的で使用し、ライセンス製品を販売することが許可されました.

青木容疑者は「選手強化」に約2億5000万円の追加資金を振り向け、うち約2億3000万円を高橋容疑者のコンサルティング会社に振り込んだ。

高橋氏は、日本最大の広告代理店である株式会社電通の元専務取締役であり、オリンピック スポンサーシップの総代理店を務めていました。

電通は、電通から出向している多くのスタッフが働いていた組織委員会のマーケティング部門に潜在的なスポンサーと契約値を売り込みながら、本質的に選択パネルとして機能しました.

高橋氏は捜査関係者への尋問で、青木氏に大会スポンサーの提案を持ちかけたと語ったという。 同社が「手数料が安ければ」取引に関心があると述べた後、彼は小売業者をマーケティング部門の幹部に紹介した。

捜査関係者によると、元組織委員会幹部は贈収賄への関与を否定しているが、金銭を受け取ったことは認めている。


関連記事:

元東京五輪幹部高橋容疑者を収賄容疑で逮捕

オリンピックのスキャンダルにより、マーケティング大手の電通の事業が脚光を浴びました

東京オリンピックのスポンサーは、贈収賄の疑いのある幹部との関係を否定します


.贈収賄で告発された東京大会のスポンサーは50%以上の割引を受けました
Source#贈収賄で告発された東京大会のスポンサーは50以上の割引を受けました

Leave a Comment