資生堂は日本製の高品質な製品に焦点を移します

化粧品大手の資生堂は、「日本製」ブランドの顧客獲得を目指して、生産拠点を日本に移転します。

円安に支えられて、資生堂は、日本から商品を購入するために日本を訪れる外国人観光客が少なくなることから、日本から世界各地への輸出を強化することを目指しています。

資生堂は5月26日に福岡県久留米工場を記者団に発表し、4月に福岡県久留米市で操業を開始した。 この施設は、コアとなるElixirラインおよびその他のラインから年間1億4000万ユニットのスキンケア製品を製造することができます。

そこで製造された製品は、日本の消費者だけでなく、近くの博多港から中国や他のアジア諸国の消費者にも送られています。 最近の円安により、プラントに関連する利益は増加すると予想されます。

資生堂は、2019年12月に栃木県大田原市に那須工場を開設しました。これは日本で36年ぶりの新施設です。 大阪茨木工場は、最新の福岡久留米工場が開設される前の2020年12月に大阪府茨木市に建設されました。


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

資生堂は日本製の高品質な製品に焦点を移します
Source#資生堂は日本製の高品質な製品に焦点を移します

Leave a Comment