貴景勝は明星の世話をして唯一のリーダーであり続ける

孤独な大関貴景勝は、火曜日の大相撲新春大相撲で、コムスビ明星にしっかりと勝利し、全体のリードを維持しました。

グランド チャンピオンの照ノ富士不在時の最高位の力士である貴景勝は、両国国技館で 10 日目に 9 対 1 に改善することで、3 回目の天皇杯と潜在的な横綱昇進に向けてさらに一歩踏み出しました。

2023年1月17日、東京・両国国技館で行われた新春大相撲10日目、貴景勝(右)が明星を破る(共同)

両者が中盤で交わると、貴景勝が右腕でメイセイ(3-7)を捕らえ、ヘディングでアームバーパス。

8 番前頭大野庄と 13 番琴所法は 8 勝 2 敗と 15 日間の大会で 1 勝ペースを維持しました。

元コムスビ大野庄は4番錦富士を倒し(3-7)、23歳の琴勝穂は初戦の再戦で7番裏を6-4で下し、3月以来の連勝記録を打ち立てた。

「私は毎日自分の相撲をする必要があります。誰もがそう言うのは知っていますが、それは私がしなければならないことです」とコトショホは言いました。 「最近調子が悪いので、今回優勝できて良かったです。」

関脇星龍(6-4)は、前日に左足首を捻挫し、コムスビ桐葉山(6-4)との予定された戦いに敗れたが、11日に復帰する見込み。

この日の番狂わせの 1 つで、No. 4 貞の海 (3-7) は関脇若隆影 (5-5) を追い出し、トーナメント記録を失うことを回避しました。

関脇初代(4-6)は、横綱より下のエリート「三役」ランクにとどまるために戦いを続け、No. 3緑富士(5-5)を力不足の腕で破りました。

貴景勝は明星の世話をして唯一のリーダーであり続ける

Source#貴景勝は明星の世話をして唯一のリーダーであり続ける

Leave a Comment