警察、鉄道事業者が食料雑貨店に対するキャンペーンを開始

東京とその周辺の警察と鉄道事業者は、列車の手探りに反対する2週間のキャンペーンを共同で開始しました。

警察によると、電車での手探りの事例は、この時期に増える傾向にあります。 昨年、警察は東京だけで約240件のそのような事件を発見した。

東京の渋谷駅では、約50人の警察官と鉄道会社の職員が乗客に警戒を呼びかけ、新しい手探り防止スマートフォンアプリを紹介するチラシを配布しました。

DigiPoliceと呼ばれるこのアプリは、警視庁によって開発されました。 他の乗客に助けを求めるメッセージを表示したり、痴漢に停止するように指示する声を発したりすることができます。

また、他の乗客が手伝うことができるように、潜在的な被害者に手探りされているかどうかを尋ねるメッセージを表示する機能もあります。

6月1日(Annnewsch)-東京都内は1日から警視や鉄道事業者らと内でのし漢開滅運動が際、京王線・渋谷渋谷駅では「サザエさん」が権議を迎えられましたたたたたたたたた続きを読む


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

警察、鉄道事業者が食料雑貨店に対するキャンペーンを開始
Source#警察鉄道事業者が食料雑貨店に対するキャンペーンを開始

Leave a Comment